トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2015年度 >>8月号祈りの焦点
2015年8月号 祈りの焦点
1.天皇陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除かれ、120歳までも若々しく長生きされるように祈りましょう。

2.日本国民が日本国を愛する国民となるように祈りましょう。
  *戦後70年間GHQや日教組による自虐史観を刷り込まれた日本国民は自分の国を恥じて、誇りを持てない人が多くなりました。今後は万世一系の天皇を仰ぐ日本の国体の尊さが分かり、大和魂をもって世界の諸国民を一つの家族として愛し合っていくビジョンに向かって協力一致していく国となるように祈りたいと思います。
 
3.日本のキリスト者が自分の国を愛し、尊ぶ人となるように祈りましょう。又、自分の国を護るために自己犠牲を惜しまない愛国者が教会の中から生まれるように祈りましょう。また、いじめとか子育てとか地域社会のために祈る教会となるように祈りましょう。

4.安倍内閣が神を畏れ、日本の針路を誤ることなく、日本国の独立を確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように祈りましょう。

  *安倍政権の日本再建を目指す政策の方向付けは健全であり、成果を挙げていますが、国民の世論を安倍政権反対に誘導するNHKや朝日新聞、毎日新聞、東京新聞の世論操作は効果を発揮しているようです。彼らのマインドコントロールから国民が目覚めるように祈りましよう。   *安倍晋三首相の健康が守られるように、また、暗殺等の危険から守られるように祈りましょう。
  *防衛大学の前学長が左翼的思想の持ち主であったため、どれだけ国防意識を持つ自衛官を育成するのに妨げになったか測り知れません。幸いにして彼が任期を終え、新たに国分良成氏が学長に就任しましたから、本来在るべき姿の防衛大学教育が行われ、強い国防軍が育成されるように期待したいと思います。

5.自民党が野党の「何でも反対」戦術を切り抜けて、安保関連法案の衆議院通過を成し遂げたことは善かったと思います。しかし、安保法案の決議を行う国会予算委員会に野党の議員たちが沢山のプラカードを持ちこんで暴力に訴えて決議を邪魔したことは、醜い違法行為です。彼らを厳罰に処し、今後こんなことができないような法律が制定されるように祈りましよう。

6.自衛隊の国防意識がもっと高められるように祈りましょう。日本国民が国を守ってくれる自衛官に感謝と誇りをもつこと、とくにキリスト者の自衛官に感謝と誇りをもつように祈りましょう。
 
7.2020年の東京オリンピックの国際競技場建設案が予算オーバーのたに見直されることになりました。速やかに適正な予算の範囲で相応しい競技場が建設できるように祈りましょう。

8.また、東京オリンピックまでに日本社会が禁煙・分煙社会に生まれ変わるように祈りましょう。
 【解説】
 *近頃の東京や首都圏内ではあまりタバコを吸っている人々を見かけなくなりました。喜ばしいことだと思います

9.今の若い人は車に乗らない。酒・タバコもたしなまない。彼らが新しい社会に適合して行けるようになることを祈りましよう。

10.政府が大学に進学を希望する学生に対する奨学金の返済を必要としない制度に改正するように祈りましょう。
 【解説】
 *現在の奨学金制度は、日本人に対しては卒業後全額返済を求め、遅れた場合は利子をつけて取り立てる。返済しない場合は刑罰を適用するというものです。これに対して外国人の留学生に対しては渡航旅費・授業料・生活費・医療費補助などを一切「返済不要」という至れりつくせりの優遇措置をとるというものです。  現在、外国人留学生は14万人、その多くは中国人と韓国人で、全体の75パーセントを占めています。外国人留学生への支援金は年間293億円にものぼっています。
外国人留学生への支給額は医療費補助を除いても年2,637,000円となります。
4年間で一人当たり10,548,000円という膨大な金額です。
留学中に学校から逃亡して行方不明になる学生もいて、不法滞在者を増やす原因になっています。
日本の国立大学では外国人留学生の授業料は無料ですが、外国では、外国人の方が3倍以上も高いということを知る必要があります。留学生を自国学生よりも優遇、それも超優遇する国など世界中探してもどこにもありません。
外国人留学生奨学金を廃止し、日本人の大学進学希望者で学力と意欲がある者にこそ、返済不要の奨学金を支給すべきです。

11.資源エネルギー庁は沖縄沖水深1600メートルの海底を試掘して、1000トン規模のレアメタルなどの資源回収を行うことを決めました。日本が海底資源大国としての自覚をもって自国の富を確認し、学校教育等を通じて青少年にビジョンを与えるように祈りましょう。

12.東北地方の被災地の農業が変わりつつあります。各分野の色々な法人が共同で経営する。一次加工した肉と魚を料理店に持っていく。宮城県、気仙沼、石巻で生産法人が出来ていて、このネットワークが海外まで広がりつつあるので、更に発展するように祈りましょう。
5月10日のNHK報道によれば、日本の子供の6人に1人は貧困状態にあり、子供が貧困であるということは、一人親家庭が多く、パートの給料も削られているためだということです。

13.健康増進のための食品開発がなされ、日本から世界へと拡大するように祈りましょう。

14.抗がん剤治療ではなく、人体に害を与えない治療法が発見されるように祈りましょう。

15.アルツハイマーの良い薬が開発されるように祈りましょう。
  
16.政府はカジノ開催候補地として、横浜と大阪を選び、2020年の開業を目指すと発表しました。さまざまの弊害を伴うギャンブルで国の経済を活性化させる不健全な企画がキャンセルされるように祈りましょう。
  *公明党がカジノ開催法案に賛意を表明ました。
  *大王製紙の井川意高会長はカジノ依存症になり、会社の金107億円に手を付けてしまったそうです。カジノは日本に祝福をもたらしません。
  *韓国ではカジノによる賭博中毒患者が265万人に上っています。

17.北海道に新幹線が導入されましたが、頻々と起こる特急火災、レール整備不良をもたらしているJR北海道労組内のテロ組織が完全に摘発・除去されるように祈りましょう。

18.7月9日を期して、韓国人、朝鮮人、中国人等の通名報道は無効となり、すべて本名で報道されることになりました。マスコミが報道しないために、多くの日本国民がこれを知らないようです。マスコミが法律通り実名報道を行うように祈りましよう。

19.異常気象が頻々と起こって日本各地に洪水・噴火・大地震・津波等の被害をもたらしていますが、天地万物創造の神様がとりなし者の祈りに応えて被害を未然に防ぎ、復旧のためにダイナミックに働いてくださるように祈りましょう。

20.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。


トップ >> 日本のためのとりなし >> 2015年度 >> 8月号祈りの焦点