トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2014年度 >> 6月号祈りの焦点
2014年6月号 祈りの焦点
1. 天皇陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除かれ、120歳
   までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
 【解説】
  * 天皇陛下の新年のお言葉が以下のとおり発表されました。
   「東日本大震災から3度目の冬が巡ってきましたが、放射能汚染に
   よりかって住んでいた地域に戻れずにいる人々や、仮設住宅で厳し
   い冬を過ごす人々など、年頭にあたり、被災者のことが改めて深く
   案じられます。
   昨年も、多くの人々が様々な困難に直面し、苦労も多かったことと
   察していますが、新しく迎えたこの年に、国民皆が苦しい人々の荷
   を少しでも分かち持つ気持を失わず、助け合い、励まし合っていくと
   共に、世界の人々とも相携え、平和を求め、良き未来を築くために
   力を尽くし ていくよう願っています。
   雪の深くなる季節、屋根の雪下ろしの事故には十分に気をつけて
   下さい。
   本年が、我が国の人々、そして世界の人々にとって幸せな年となる
   ことを祈ります」。

2.日本の教会、日本のクリスチャンの中から、聖霊による明るい笑いが
  発信され、日本全土を笑いで満たし、全世界を笑いで満たすように祈
  りましょう。
 【解説】
 * とりなしの祈りをしていると、人間の罪や矛盾が見えてきて、暗い気
   持になったり、苦虫を噛みつぶしたような顔になったり、怒りや悲し
   みにとらわれたりしますね。否定、非難、裁きの感情、自己義認、高
   慢。そのマイナス・エネルギーに悪霊が取りついてきます。そういう
   時こそ、「神は万事を益とされるんだ、ハレルヤ!」と叫んで、聖霊
   による聖なる笑いを発信することがクリスチャンの特権です。御言と
   聖霊による笑いは悪魔を追い払い、悪魔のかせを打ち砕き、キリス
   トとの合一を深めます。「アッハッハッハッハアー」と「笑う門には福
   来たる」です。

 * 聖書には「イエス様が笑った」という記録がなく、「泣いた」という記録
   がラザロの死と、エルサレム入場の場面にだけあります。それで、
   画家たちは泣いているイエス、悲しむイエスを沢山描いて来ました。
   わたしはそれは大変な思い違いだと考えています。イエス様が明る
   い喜びの人、笑いの人であったからこそ、特別に「笑った」などと書く
   必要がなかったのではないでしょうか。聖霊充満のイエス様はいつ
   も「アッハッハッハッハアー」と良く笑うお方であったと思います。だ
   から、子供たちも、大人たちもイエス様にそばに来たがったのだと
   思います。今年から、もっともっと天に突き抜ける笑いを発する人に
   なろうではありませんか。

3.安倍内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立を
  確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように祈
  りましよう。
 【解説】
 * わたし(皆川)はアベノミックスが日本をデフレから脱却させる重要な
   政策ではないかと評価しています。ただ、この4月から行われる消
   費税増税がブレーキになる恐れがあり、アベを成功させまいとする
   官僚や反対派の抵抗、米国その他の経済事情等が絡み合ってブレ
   ーキになる恐れがありますので、そうしたマイナスの要因が働かず
   アベが成功するように祈りたいと思います。

4.日本政府が津軽海峡・宗谷海峡・大隅海峡・対馬海峡(東水道と西水
  道)の5海峡に設定されてきた海峡中央部の「公海」を取り消し、日本
  の領海権を確立するように祈りましよう。
 【解説】 
 * 日本の領海権を確立すれば、中国・ロシア・韓国その他の軍艦が日
   本政府の許可なく5海峡  を勝手に通過することが出来なくなりま
   す。 

5.沖縄が独立せず日本国の沖縄県として確保されるように祈りましょう.
 * 日本政府が沖縄を軽視してきた反面、中国や左翼・労働組合勢力
   が沖縄を支配下に置く活動を強め、マスコミを支配してきました。
   沖縄の独立は、即、中国領になると見なしてよいと思います。
 * 沖縄振興策の一つに那覇空港を拠点(ハブ)空港として、日本の生
   産品をクール宅急便でアジア諸国に翌日配達する構想もあります。

6.TPP交渉による新しいルール作りが日本再興の切り札となるように
  祈りましょう。
 * TPPの利点の一つは、各国の優れたサービスが国境を越えて円滑
   に提供されることによって、各国民の生活水準が飛躍的に向上する
   可能性があることです。

7.2月9日の東京都知事選挙で、安倍政権と呼吸を合わせて首都東京
  の政治を行うに相応しい人物が立てられるように祈りましょう。
 【解説】
 * 都知事選は、原発対策を争点とすべきではありません。東京オリン
   ピックを成功させる力量を持つ人。都民を愛し危機管理・安全対策
   に万全を期する人。日本国の伝統を守り、自虐史観から脱却した
   教育を実現できる人が望ましいと思います。

8.原発稼動を進めて、日本の安全保障を守ることが出来るようになるこ
  とを祈りましょう。
 【解説】
 * 核のゴミ処理の方法が見つからないのに原発を再稼動するのは無
   責任だと思いますが、代替電源を確保しないで、脱原発を進めるこ
   とも無責任です。寒さが本格化した北海道では、原発停止に加え火
   力発電設備の故障で運転停止となっています。理想論よりも緊急の
   必要を満たす現実論に立って、当面安全性を確認された原発から
   再稼動する必要があると思います。

9.蓄電器が発達して、一家に1台自家発電機を備えることが出来るよう
  に祈りましょう。
 【解説】
 * 家単位、部落単位、会社・工場単位、町単位で発電機を備えて電
   気エネルギーを供給できるように祈りましょう。スローガンは、「一家
   に一台自家発電機」です。

10.サービス産業の生産性が向上し、特に介護サービスで働く人々の
   賃金がもっと上がるように祈りましょう。
 * 介護サービスがすべて介護保険とリンクされる限定された市場では
   なく、任意購入を合わせることで多様なサービスを利用できる大き
   な市場にして行く必要があるでしょう。

11.3Dプリンターが製造業から医療まで多くの分野で活用されるように
   祈りましょう。

12.高齢者が中国に拠点を持つオレオレ詐欺にだまされないように祈り
   ましょう。

13.JR北海道の社内全体にはびこっている闇の組織革マル派勢力が
   事故を頻発させていることが公表され、刑事事件として警察が介入
   するように祈りましょう。
 * 野島社長も労組に身の安全を脅かされて実態を公表できず、国交
   省もJR北海道の社内調査を追認するだけで深く踏み込めない。も
   はや警察の強制捜査による他ありません。

14.映画化された百田尚樹の小説「永遠の0(ゼロ)」が多くの日本国民
   に観られて、家族を愛し国を愛して戦った日本人の心をみんなが共
   感できるようになることを祈りましょう。
 * 日本の特攻隊がイスラムの自爆テロと同じだと誤解している若者が
   少なくないようです。そういう人にこの小説や映画が良い答えとなり
   ますように。

15.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2014年度 >> 6月号祈りの焦点