トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2013年度 >> 12月号祈りの焦点
2013年12月号 祈りの焦点
1.天皇陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除かれ、120歳
  までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
 【解説】  
 * 天皇陛下の昨年1年間の御公務は1000件にも及ぶそうです。有   識者たちは余りにも多すぎると心配して、宮中祭祀以外の公務を出   来るだけ、他の相応しい皇族に」分担させることを勧めています。
  *また、皇室の庶民化が進むことによって、皇室の尊厳が害われな   いように警戒しなければならないと思います。

2.このクリスマスに多くの人々がイエス・キリストを信じて救われるように  祈りましょう。
  【解説】
  *クリスマスはキリシタンの渡来以降、日本文化の一部になって来ま   した。そこに受肉されたキリストを見ることが出来るのではないでし   ょうか。またそのように教会は神の子のご降誕をお祝いしたいと思   います。

3.安倍内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立を
  確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように祈
  りましよう。
 
4.日本政府が津軽海峡・宗谷海峡・大隅海峡・対馬海峡(東水道と西水
  道)の5海峡に設定されてきた海峡中央部の「公海」を取り消し、日本
  の領海権を確立するように祈りましよう
  
5.安倍内閣は国家安全保障会議(NSC)や秘密保護法案を秋の臨時
  国会に提出しようとしています。戦後の日本は国家機密を守ることが
  出来ない裸 同然の無防備状態に置かれており、スパイ天国とも言わ
  れているのは、だれでも知っています。それゆえ、この法案が成立す
  ることを祈ると同時に、無 実の人が罰せられないように祈りましょう。
 
6.7月13日付けの朝日新聞によれば、日本は通商交渉を担当する交
  渉官が足りなくて困っています。それは合理化で国家公務員の定数
  が減 り、原発や電力システム改革に人員を割いているためだそうで
  す。必要な公務員の増加が行われ、EPAやTPPの交渉官が増える
  ように祈りま しょう。

7.2020年に開催される東京オリンピックが日本経済を活性化し、雇用
  増加に貢献し、被災地を初め日本全体の若者たちが積極的に生きる
  目標となるように祈りましょう。

8.高齢化時代の若者と高齢者が互に邪魔者視する悲劇に解決の道が
  開かれるように祈りましょう。

9.裁判員制度が廃止されるように祈りましょう。

10.食糧自給率を上げることが出来るように祈りましょう。
 * TPPで国際競争力が害われるとの心配がさけばれていますが、た
   だ受身になって危険を叫ぶよりも、国内自給率を上げる方法が幾
   つも提案されていますので積極的に打って出ることを祈りましょう。

11.福島原発1号機の地下から高濃度の放射能汚染水が漏れ出して
   海に流れこんでいるそうです。東京電力が真剣に原因を究明し、
   防止策を実行するように祈りましょう。
  
12.発送電分離をして、地域別に発電所を設け、原発を早期に全部撤
   廃出切るに祈りましょう。また、原発ではなく、火力発電、水力発電
   太陽光発電、風力発電、その他の安全な発電事業が国家的に発
   展するように祈りましょう。

13.原発廃止か、存続かの議論がもっと盛んに行われ、日本の基本方
   針が確立されるように祈りましょう。
 【解説】
 * 櫻井よし子氏はサンケイ新聞11月1日号で、放射能も原発も正し
    く恐れることが大切だと言い、日本経済および安全保障にどれほど
   原発が 必要かを広く論ずるときだと説いています。一方、この頃は
   何と小泉純一郎元首相が出て来て原発ゼロを盛んに説き始め、新
   聞は「朝日」「毎 日」「東京」がこれを支持しています。しかし「読売」
   「産経」はこれに反発、原発ゼロは無責任、全原発を即時再稼動せ
   よと主張していま す。 
  
14.JR北海道の社内全体にはびこっている闇の組織革マル派精力が
   事故を頻発させていることが公表され、体質改善が行われるように
   祈りましょう。
 【解説】
 * マスコミがそろって黙秘を続けている中で、月刊誌「テーミス」は
   11月号で初めてこの問題の真相に迫りました。それはJR北労組の
   中に旧国鉄時代の極左過激集団革マル派が入り込んで支配してい
   る事実です。現在の北鉄労は会社の専権事項である人事や経営に
   まで口を 出し、テロ行為やサボタージュを行って来たため、会社が
   北鉄労の反乱を恐れて腫れ物に触るように接してきたため、彼らは
   増長しました。 2年前、石勝線のトンネル事故を契機に中島前社長
   は労務対策の見直しに乗り出しましたが、北鉄労は猛反発して時間
   外労働を拒否し自分た ちの権利を優先しました。中島前社長は謎
   の死を遂げましたが、これまでも北鉄労に恫喝されたり、ホームか
   ら転落死するJR社員が毎年何人 も出ていると言います。幹部職員
   の中には自宅に盗聴器をしかけられたり、定期的に何者かが侵入
   すると話す人々もいるそうです。北海道の 列車に乗る人々は絶え
   ず事故の危険にさらされているのです。国土交通省だけでなく、国
   家としてこの問題を速やかに解決する必要があると思います。

15.核のゴミを完全に安全に処理する場所と方法が決まるように祈りま
   しょう。

16.動物たちが人間の虐待から守られるように祈りましょう。
 【解説】
 * 動物保護法が9月に改正されました。そして動物虐待についての罰
   則は、「愛護動物の殺傷が、1年以下の懲役、100万円の罰金か
   ら、2年以下の懲役、200万円以下の罰金と、2倍になりましたね。
   刑罰が軽いとなかなか警察も取り合ってくれず、当事者同士の話し
   合いに なりますが、重罪となることで警察も取り締まりやすくなるそ
   うです。日本では、動物虐待は犯罪になることさえ知らない人が多く
   「いたず らだ」と言えば許されると思っている人が多いようです。もう
   十数年前になりますが、北海道議会が猫の放し飼いを禁止する法
   案を可決したと聞き ました。あんなに広い大自然に恵まれた北海
   道でこそ猫も自由に暮らしたいでしょうに。

17.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2013年度 >> 12月号祈りの焦点