トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2013年度 >>8月号祈りの焦点
2013年8月号 祈りの焦点
1.天皇陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除かれ、120歳
  までも若々しく長生きされますように祈りましょう。  
 【解説】   
 * 天皇・皇后両陛下は7月22日、行幸・啓としてではなく、私的なご訪
   問として福島県飯館村を視察されました。第一原発事故で全村避   難している飯館村で、放射線の年間積算線量が20ミリシーベルト
   超の恐れがある「居住制限区域」に初めて入り、村民の雇用維持の
   ため操業を続けている菊池製作所福島工場を訪ね、製品のガンマ
   カメラを熱心にご覧になりました。23には栃木県那須町の那須御
   用邸にお移りなり、26日まで静養されるご予定です。

2.イエス・キリストの福音が、福音書や使徒行伝(使徒言行録)の原点
  に立ち帰って宣べ伝えられるように祈りましょう。  

3.安倍内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立を
  確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように祈
  りましよう。  
 【解説】   
 * 7月21日の参議院議院選挙で自民党・公明党が勝利して過半数の
   議席を取りました。安定多数を得たことにおごらないで、日本経済
   のデフレ脱却が成就し、国民全体が景気回復を実感し、中小企業
   の末に至るまで雇用率が向上するように努力することを願います。 
4.日本国軍が確立され日本国土を守る体制が確立できるように祈りま
  しよう。  
 【解説】    
 * 防衛だけに限って武力行使出来るような現行憲法を破棄し、先手必
   勝の攻撃力と防衛力とを備える必要があります。ある情報によれば
   日本は既にその準備を整えており、集団的自衛権行使を行うに足
   る軍備を持っているそうですが、自衛隊員の増員、その他できるこ
   とは着々と進めていってほしいと思います。   

5.日本の要人が暗殺から守られるように祈りましよう。  
 【解説】   
 * 情報月刊誌テーミスの7月号によれば、昨年から今年にかけて日   本の重要人物に対する暗殺が相次いで行われているそうです。
 * 昨年9月、赴任寸前だった西宮伸一中国大使が、東京渋谷区の路
   上で倒れているのが発見されました。彼は親中派丹羽宇一郎前中
   国大使の後任として赴任するところでしたが、対中強硬派の西宮大
   使を中国が嫌ったものと見られています。   
 * 又、今年4月、安倍首相が日比谷公園で行われる日本人拉致問題
   の集会に出席するため、渋谷区の自宅から首都高4号線への代々
   木インター入り口に差し掛かった際、首相公用車を含む警備車両
   5台が玉突き事故を起こしました。元公安幹部は警備車両への遠
   隔操作の可能性を指摘しています。   
 * 更に、今年5月3日深夜、日本の尖閣防衛作戦の第一人者黒沢晃
   ・一等陸佐(大佐相当)が千代田区麹町の路上で歩行中、バイクに
   はねられて死亡しました。するといち早く中国各紙は「日本の尖閣
   司令官を中国が暗殺か?」というセンセイショナルな見出して一斉
   に報じました。日米合同の離島奪還作戦には日本保有の空母「ひ
    ゅうが」に長距離輸送ヘリのオスプレイ22が離着艦する訓練も含
   まれています。この合同作戦に参加した1000名の自衛隊員に対し   在日米軍将校から、「くれぐれも自分の身辺に注意してほしい」との
   忠告があったそうです。オスプレイ反対運動は墜落の危険があると
   いうのは口実で、実は、尖閣を含む南西諸島の防衛力を増強させ
   ないための中国のさしがねと見られます。

6.TPP(環太平洋パートナーシッブ協定)に参加する決定を政府は発表
  しました。311の重荷を背負って日本を再建しようとする安倍首相の
  苦渋の決断です。国際競争力を失うと言われる農業・畜産業その他
  が、逆に国際競争力を増し加えて発展するように祈りましょう。  
 【解説】   
 * 農業所得倍増、インフラ輸出30兆円を掲げて安倍首相はミヤンマ
   ーその他のアジア各国を訪問し経済・産業界の代表と共にトップセ
   ールスを行っています。   
 * 5月20日午前6時からのNHKの番組によれば、オランダ式ハウス
   農業の日本への導入が行われつつあるそうです。

7.世界一優秀な日本の「ものづくり」技術が外国に流出せず、国内で活
  かされるように祈りましよう。  
 【解説】   
 * 日本国内の会社では、終身雇用、年功序列が常識で「技術者」への
   評価が低いために、中国、韓国などから「技術者」がスカウトされて
   流出しています。技術者への優遇、育成が大切です。   
 * また、日本は従来苦手としてきた「優秀な製品を世界に広げる戦略
   的思考、チームワーク造りとその実践に積極的に取り組む必要が
   あります。   
 * また、3Dぷりんたーによる物造りの開発が行われており、コンピュ
   ーターを使って継ぎ目のない車や建物を造る技術も開発されつつあ   ります。

8.東日本被災地の復興計画が現地の要望と将来的展望に沿って修正
  され、スピード感をもって実行されるように祈りましょう。  
 【解説】   
 * 被災地のガレキの受け入れ先がほぼ完了したことを感謝したいと
   思います。

9.裁判員制度が廃止されるように祈りましょう。  
 【解説】   
 * 5月21日の朝日新聞は、裁判員制度の設計に関った四宮啓・国学
   院大学法科大学院教授の話として、死刑か否かの重い選択に裁判
   員が関わるのは「重大事件こそ裁判官任せにすべきでないという制
   度の根本理念に基く」と伝えている。この根本理念そのものが誤り
   ではないのか?玄人の裁判官が担うべき重荷を素人の裁判員に投
   げかけることに非常な無理があると思われます。裁判員制度施行
   から満4年になるので、断乎廃止されるように祈りましよう。

10.グローバル人材を育てるために高校3年は英語を自国語とする外
   国に留学させる制度が設けられるそうです。そのためには中学・高
   校での国語・国史の授業を強化して、日本人としての基本的教養を
   身につけさせる努力がなされるように祈りましょう。

11.福島原発1号機の地下から高濃度の放射能汚染水が漏れ出して
   海に流れこんでいるそうです。東京電力が真剣に原因を究明し、防
   止策を実行するように祈りましょう。   
 【解説】    
 * 広瀬 隆著「私物国家」によれば、戦後、1950年朝鮮戦争の勃発
   により、在日米軍は日本を再武装させ自衛隊をべ郡の一翼として
   使うことになりました。そして米国は日本の工業力を利用し誘導弾
   ミサイルを開発するため三菱重工を復活させました。そのミサイル
   には核弾頭を装備するのです。そのため日本列島の沿岸に原子力
   発電所を配置し、発電だけでなく放射性物質プルトニウムを抽出す
   る必要があり、原発は秘密裏に核兵器の製造工場とされてきたの
   です。また、地域独占企業である電力会社は巨大に官僚組織に成
   長して傲慢になり、何百回批判されても改めようとしません。すべて
   を隠蔽して言い逃れ損失はすべて国民の税金で穴埋めする仕組み
   になっています。

12.7月13日付けの朝日新聞によれば、日本は通商交渉を担当する
   交渉官が足りなくて困っています。それは合理化で国家公務員の定
   数が減り、原発や電力システム改革に人員を割いているためだそう
   です。必要な公務員の増加が行われ、EPAやTPPの交渉官が増え
   るように祈りましょう。   

13.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2013年度 >> 8月号祈りの焦点 >> 会計報告へ