トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2013年度 >>6月号祈りの焦点
2013年6月号 祈りの焦点

1.天皇陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除かれ、120歳
   までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
 【解説】
 * 天皇は日本国統合の象徴であり、日本神話に基く万世一系の皇統
   を受け継ぐ尊いご存在です。直接統治はなさらなくとも、日本国の元
   首であり、祭政一致の要として、祭祀を欠かすことなく神意を世に施
   す責任があります。その意味で、天皇を庶民化してはなりません。
   又、その意味で皇統を受け継ぐことは極めて厳しいことです。天皇
   位を堕落させ、空洞化する陰謀が失敗し、無効になるように祈り
   ましょう。

2.キリスト教書に電子化の波が押し寄せつつあります。絶版書籍をオン
  ライン版で読める等、有効に用いられるように祈りましょう。
 【解説】
 * 聖書の世界をパソコンで縦横無尽に巡ることができる、日本で初め
   ての聖書総合ソフト『Glo(グロー)』日本語版(2万1千円)が、日本
   聖書協会から4月末に発売されました。GloはWindowsに対応し、
   DVD3枚のパッケージになっています。収録された聖書の世界を体
   験するには五つのナビゲーションレンズで聖書、年表、地図、トピッ
   ク、メディアを自由に組み合わせて実行します。図像類も豊富で、高
   度なズームに対応した2300点の画像、140点の地図、650点の
   美術作品などが収められ、また3時間半の動画もあり、メディアレン
   ズから入る450のバーチャルツァーは、これらを他のレンズと組み
   合わせることで「旅に出かけ、説明を受けた」かのような臨場感を   得られる仕組みになっています。

3.安倍内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立を
  確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように祈
  りましよう。
 【解説】
 * 安倍晋三首相は日本経済のデフレ脱却のために思い切った政策を
   次々に繰り出しており、かなり効果を挙げているようです。7月の参
   議院議員選挙で過半数を取るまでは、思い切った施策が出来ない
   と思いますが、保守勢力を結集して勝利するための努力が実を結
   ぶように祈りたいと思います。
 * 5月20日付けの朝日新聞によれば、安倍内閣の支持率が上昇して
   65%になったそうです。安倍首相がアベノミックスの効果は直ぐに
   は現れず、今年の秋頃から徐々に現れるだろうと発表しているのに
   マスコミは通行人に「景気は良くなりましたか」などとインタビューし
   て、「いや、まだ全然実感できません」という答えを、毎日のように報
   道しています。いつもながらの世論操作をやっています。 

4.日本国軍が確立され日本国土を守る体制が確立できるように祈りま
  しよう。
 【解説】 
 * 防衛だけに限って武力行使出来るような現行憲法を破棄し、先手必
   勝の攻撃力と防衛力とを備える必要があります。ある情報によれば
   日本は既にその準備を整えており、集団的自衛権行使を行うに足
   る軍備を持っているそうですが、自衛隊員の増員、その他できるこ
   とは着々と進めていってほしいと思います。

5.日本の最西端、与那国(よなぐに)島への陸上自衛隊配備に必要な
  用地が、適正価格で購入できるように祈りましよう。
 【解説】
 * 5月23日付けの産経新聞によれば、与那国町側は迷惑料としての
   10万円の要求を取り下げる決定をしたとのことです。祈りが聴かれ
   たことを神様に感謝申し上げます。
 * 沖縄の反日政治家・教師・労働者たちの活動は目に余るものがあり
   ます。もし、沖縄が独立して「琉球共和国」となった場合、果たして
   国家として成り立つのかどうか。チベットやウイグルのようになるの
   は目に見えているではありませんか。日本国民として生きたほうが
   遥かに幸せだと思います。今月号「国家とは何か」(2)のレポートを
   是非お読み下さい。夢や幻想を捨てて、沖縄人は真剣に考える必
   要があります。真っ赤な龍が獲物を狙っている事を忘れないよう
   に。

6.TPP(環太平洋パートナーシッブ協定)に参加する決定を政府は発表
  しました。311の重荷を背負って日本を再建しようとする安倍首相の
  苦渋の決断です。国際競争力を失うと言われる農業・畜産業その他
  が、逆に国際競争力を増し加えて発展するように祈りましょう。
 【解説】
 * 農業所得倍増、インフラ輸出30兆円を掲げて安倍首相はミヤンマ
   ーその他のアジア各国を訪問し経済・産業界の代表と共にトップセ
   ールスを行っています。

7.世界一優秀な日本の「ものづくり」技術が外国に流出せず、国内で活
  かされるように祈りましよう。
 【解説】
 * 日本国内の会社では、終身雇用、年功序列が常識で「技術者」へ
   の評価が低いために、中国、韓国などから「技術者」がスカウトされ
   て流出しています。技術者への優遇、育成が大切です。
 * また、日本は従来苦手としてきた「優秀な製品を世界に広げる戦略
   的思考、チームワーク造りとその実践に積極的に取り組む必要が
   あります。

8.東日本被災地の復興計画が現地の要望と将来的展望に沿って修正
  され、スピード感をもって実行されるように祈りましょう。
 【解説】
 * 被災地のガレキの受け入れ先がほぼ完了したことを感謝したいと
   思います。 9.裁判員制度が廃止されるように祈りましょう。
 【解説】
 * 5月21日の朝日新聞は、裁判員制度の設計に関った四宮啓・国学
   院大学法科大学院教授の話として、死刑か否かの重い選択に裁判
   員が関わるのは「重大事件こそ裁判官任せにすべきでないという制
   度の根本理念に基く」と伝えている。この根本理念そのものが誤り
   ではないのか? 玄人の裁判官が担うべき重荷を素人の裁判員に
   投げかけることに非常な無理があると思われます。裁判員制度施
   行から満4年になるので、断乎廃止されるように祈りましよう。

10.北朝鮮に飯島勲内閣官房参与が訪問した結果、北朝鮮が関係国と
   対話する意向を示し始めたことを評価し、特定失踪者をふくむ拉致
   問題が早く解決されるように祈りましょう。
 * 市民団体「特定失踪者問題調査会」によれば、拉致された疑いのあ
   る特定失踪者は約470人にのぼります。

11.政府が血の通った貧困対策を打ち出すように祈りましょう。
 【解説】
 * 生活保護の受給者が215万人に達し、生活保護費も国と地方とで
   計4兆円となったので、政府は生活保護費を8月から2013年4月
   にかけて3段階で減額する法案と、生活困窮者自立支援法案を国
   会に提出しました。既に生活保護費は外国人にも多額に支給され
   ており、日本国民に対する支給が制限されています。誰にも看取ら
   れずに死んだ高齢者の餓死や、母子家族の餓死が、しきりに報道
   されている事を思うと、中央および、地方自治体が血の通った貧困
   対策を打ち出すようにと切に願わざるを得ません。

12.日本人看護師が増加するように、また、外国人看護師を受け入れ
   る場合、中国人の割合がもっと制限されるように祈りましょう。
 【解説】
 * 2013年5月21日の朝日新聞によれば、日本人看護師の深刻な
   不足を補うため、外国人看護師受け入れの必要を余儀なくされてい
   ます。現在、中国を中心に少なくとも217人の若者が日本の看護師
   国家試験に合格し、民間の病院で働いています。これは国内のNP
   O法人が中国の大学などと病院側との橋渡し役となり、3年ほど前
   から急増。経済連携協定(EPA)で来日したインドネシア、フィリピン
   看護師(96人)の2倍を超えました。中国人の日本国流入は日本国
   侵略の国家戦略の一部ですから非常に危険であり、制限されるべ
   きです。そのNPO法人も警戒されるべきです。

13.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。 


トップ >> 日本のためのとりなし >> 2013年度 >>6月号祈りの焦点 >> 会計報告へ