トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 12月号祈りの焦点
2011年12月号 祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
  * 天皇陛下は去る11月6日(日)気管支炎のため東大病院にご入院
    され治療を受けられた結果、11日にはご退院を予定されましたが
    当日再び発熱され、一時は39度となられたため11月末までご退院
    を延期されました。一日も速いご快癒をお祈りしたいと思います。

2. クリスマスの季節にあたり、1億2500万人余の日本人が主イエス・
   キリストを心の王座に迎えて救われるように、そして、主の御名が全
   地であがめられるように祈りましょう。

3. 野田内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性
   を確保すると同時に、国 際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
  * TPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement
    環太平洋戦略的経済連携協定)について、野田内閣の国民への
    情報提供が不十分だという答が11月12,13両日の朝日新聞の
    世論調査で84%に達しています。TPPは日本の一部財界人から
    は強い支持があるようですが、農業分野では壊滅的打撃をこうむ
    るとの強い反対論があります。にもかかわらず野田首相が積極的
    に協議に参加することに踏み切った理由は、米国からの強い要求
    を無視できないことと、それならば積極的に参加して日本の国益に
    叶う道を切り開くべきだということでしょう。日本は実質的には戦後
    から米国の占領下におかれており、特に東日本大震災を期にその
    支配は強まっているようです。野田内閣では対米折衝を有利に乗
    り切れないだろうと危惧される要素もありますが、神様の御助けを
    厚く祈りたいと思います。

4. 外務省・防衛省が日本国土の防衛について真剣に対処するように
   祈りましょう。  
  * 中国は尖閣諸島を自国の領土と主張し、日本の領海を度々侵犯し
    ています。韓国も竹島を自国の領土と主張し基地を建設し、軍隊を
    常駐させています。ロシアは日本の北方領土を占拠して防備を固
    め、カムチャッカ半島で初めての軍事演習を行い、艦艇24隻に宗
    谷海峡を通過させ、長距離爆撃機TU95に日本列島を一周させる
    という挑発行為を行いました。これらの不当な挑発に対する日本の
    外務省・防衛省の対応は隠蔽的・消極的であって、領土を護る意
    志を相手国にキッパリと表明していません。

5. 日本国民が自衛隊を日本の軍隊として正式に認知するようになるこ
   とを祈りましょう。  
  * 最近、自衛隊を放射能の除染のために派遣する話が防衛省で検
    討されているようですが、とんでもないことだと思います。大震災の
    時には献身的な大活躍で高く評価されましたが、税金で手軽に使
    える労働者扱いしてはなりません。日本国の国防の正規軍として
    の気高い任務を担う軍隊としてもっと尊重すべきです。

6. 外国人住民基本法案と人権侵害救済法案とが可決されないように
   祈りましょう。  
  * この二つの法案は日本国民を守るためではなく、日本に住む外国
    人を守るためのものです。

7. 脱原発が推進されるように祈りましょう。   
  * 原発賛成論者は、福島原発の事故は原発管理がずさんであった
    から起こったのでより安全性を向上させれば大丈夫だと言います。
    しかし、管理のずさんさは福島だけに限らず、他の53基の原発に
    も見られるし、再生可能エネルギーとしてのプルサーマルから出た
    残滓を廃棄する方法も確立されていないし、原発一基廃止するの
    に30年かかるのです。

8. 火力発電所の老朽化が進んでいるので、新しい火力発電所の建設
   が推進されるように祈りましょう。また、水力、地熱、太陽光発電の
   開発が進むように祈りましょう。

9. 日本の科学技術力が国内的にも国際的にも評価されて発展するよ
   うに祈りましょう。  
  * 例えば、LEDという熱を持たない光を発する電球が全国のセブン
    イレブンで用いられています。  
  * 又、蓄電技術ではハイブリッド・カー  
  * 水の浄化

10.ポリオ(小児麻痺)予防のための新ワクチンが早く導入されるように
    祈りましょう。   
  * 現在使われている生ワクチンは病原性を弱めたウイルスを使うた
    め、ごく稀に麻痺をおこすことがあります。来年末導入予定のウイ
    ルスを殺した不活化ワクチンが速かに導入されるように。

11.生物学的製剤を使用しているリウマチ患者が長期高額疾病患者と
    して医療費助成の対象となるように祈りましょう。

12.福島原発の事故が出来るだけ早く終息し、新たなる放射能汚染の
   心配がなくなるように祈りましょう。

13.被災地の瓦礫の除去は、置き場がないために停滞しています。海
   中に瓦礫を沈めて島を作る方法を提案している専門家の意見が尊
   重されるように祈りましょう。

14.東日本・中部日本の被災地の復興が速やかに進められるように祈
   りましょう。   
  * 住民は住み慣れた父祖の地に踏みとどまって生活を再建したいと
    願っています。住民の意思を充分に取り入れた復興となるように。
    又、和歌山県の土砂ダムの安全化のために祈りましょう。

15.被災地の同胞を慰め、励ますために、日本各地から個人やグルー
   プで慰問する企画が行われていることは素晴らしいと思います。
    これからもますます盛んになるように祈りましょう。

16.税金の無駄使いがなくなるように祈りましょう。   
  * 高級官吏のための格安な豪華宿舎の建設、原発のある町に対す
    る特別交付金、その他の税金無駄使いが有効に仕分けされてい
    ません。

17.日本神話、民話、童話、昔話等の読み聞かせが、家庭でも、社会で
   も盛んに行われるように祈り ましょう。
  * 神話では、出雲井 晶著「日本神話」があります。子供の頃からの
    教養として大切だと思います。

18.自転車と人との事故が多発しています。ブレーキのないマウンテ
   ンバイクが歩道を我が物顔に走る無法が取り締まられるように祈り
   ましょう。

19.今年は手前勝手な外国の動物保護主義団体シー・シェパードが日
   本の調査捕鯨に対する活動を更にエスカレートしようとしています。
   日本政府がもっと積極的な自衛対策を講じるように祈りましょう。

20.北朝鮮拉致被害者が一日も早く帰国できるように祈りましょう。   
  * 9月7日、東京都内で北朝鮮人権国際会議の初会合が開かれ日
    本・韓国・タイ・マカオ・ルーマニア等世界13カ国の被害者家族が連
    帯して対北朝鮮包囲網を結成しました。

21.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇121篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 12月号祈りの焦点 >> 会計報告へ