トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 8月号祈りの焦点
2011年8月号 祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
  * 天皇・皇后両陛下は7月19日午前、女子サッカー日本代表なでし
    こジャパンが優勝したので、宮内庁を通じて佐々木則夫監督に祝
    意をご伝達遊ばされました。  
    宮内庁によると、両陛下は18日午前6時のテレビニュースを見て
    決勝戦が続行中であることを知り、チャンネルを切り換えて優勝の
    瞬間をご観戦遊ばされたと言います。両陛下がこうした形でスポー
    ツ競技に祝意を伝えることは異例で、優勝を心から喜んでおいでに
    なるそうです。

2. 菅内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性を
   確保すると同時に、国 際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。

3. 防衛省が日本国土の防衛について真剣に対処するように祈りましょ
   う。  
  * 防衛省は、中国海軍の太平洋進出が活発化する中、東シナ海の
    離島侵略などの脅威に対処するため航続距離が長く、搭載量も多
    い軍用輸送機の導入を決め、予算に盛り込むことにしました。
    これは必要不可欠の決定であると思います。更に積極的な姿勢で
    防衛力の強化に努めるよう求めたいと思います。

4.東日本大震災で岩手・宮城・福島3県に派遣された自衛隊10万70
   00人は、献身的な支援活動を行って来ましたが、一応その任務を
   終了し、7月26日から撤収し始めました。現地の住民たちからは心
   からの厚い感謝が表明されました。わたしたちも神様の祝福が彼ら
   の上にありますように厚くお祈りしたいと思います。彼らが国土を護
   る防衛軍としての本来の任務にもどり、国民から重要な存在として
   尊ばれるように祈りましょう。

5. 今国会で成立したコンピューター監視法案が適正に運用されるよう
   に祈りましょう。
  * コンピューター監視法は平成の治安維持法と呼ばれた悪法で、言
    論弾圧に利用される可能性が高 いものです。インターネットのデマ
    について、枝野官房長官は7月12日の記者会見で「刑事告訴で
    対応することを検討している」と述べました。中国のような独裁国家
    が公式発表で事実を隠して も、いくらマスコミで世論誘導しても、ネ
    ットの掲示板、ブログ、ツイッター、動画共有サイト等が全国的に事
    の真相を伝え、くちこみで広がるのを防ぐことは出来ません。今後
    の革命は天安門ではなく、ネットから始まると言われています。
    日本でもテレビや新聞を通じて伝えられる政府筋の公式発表に不
    信感が高まっており、今後ますますネットを通じて真相が伝えられ
    るようになるでしょう。

6.外国人住民基本法案が可決されないように祈りましょう。 
  * 外国人住民基本法とは、外国人参政権、戦時賠償、移民促進、
    3年在留で犯罪者も無罪放免、重国籍付与、外国人が公務につく
    権利、政治家になる権利付与等をふくむものです。

7. 脱原発か自然エネルギーの開発かについて国の方針が確定するよ
   うに祈りましょう。
  * 一挙に脱原発に踏み切ることは色々な支障があるようです。また、
    太陽光エネルギーの開発には高いコストと莫大な利権が伴うので
    政官民癒着の複雑な問題があると報道されています。

8. 電力会社は、使われなかった電力エネルギーを蓄積せずに、廃棄
   処分しているそうです。節電を 強調しながら、天気情報の番組中グ
   レーの帯で示す残存電気を排棄処分にするとは大きな矛盾 です。
   政府が蓄電技術の開発に携わる研究者たちに研究費を予算化する
   ように祈りましょう。

9. 日本人が人間の基本をなす天地創造の神に対する信仰と愛と忠誠
   とを尊ぶように祈りましょう。

10.日本人が人間の基本をなす家族愛、郷土愛、祖国愛を取り戻すこと
   ができるように祈りましょう。  
  * 藤原正彦著「日本人の誇り」文春新書参照

11.混沌の時代を照らす光となって生きる魅力あるクリスチャンが増える
   ように祈りましょう。

12.親から子へ、世代から世代へと大切な日本文化の遺産が受け継が
   れるように祈りましょう。
    
13.福島原発の事故が出来るだけ早く終息し、新たなる放射能汚染の心
   配がなくなるように祈りましょう。

14.東日本の被災地の復興が速やかに進められるように祈りましょう。
  * 住民は住み慣れた父祖の地に踏みとどまって生活を再建したいと
    願っています。住民の意思を充分に取り入れた復興となるように。
    経済特区の案が有効に生かされるように祈りましょう。

15.被災地の同胞を慰め、励ますために、日本各地から個人やグルー
   プで慰問する企画が行われていることは素晴らしいと思います。
   これからもますます盛んになるように祈りましょう。

16.更に、日本の各地に大地震・火山大噴火等が起こらないように祈り
   ましょう。   
  * 放射性セシウムが東北、北海道、神奈川県、静岡県、千葉県、三
    重県にまで、飛び飛びに発見されています。また、3.11の余震と
    称する強い地震がまだあちこちで起こっていますが、これらを余震
    と言えるのでしょうか?     
  * サタンの攻撃に対しては聖霊による知恵と知識の力をもって光の
    武具を着て戦う必要があります(エペソ6:10〜18参照)。 

17.小学校から英語教育を取り入れることになりましたが、これを改めて
   国語教育に重点がおかれるよう文部科学省の方針が変更されるよ
   うに祈りましょう。  
  * 鳥飼玖美子著「危うし!小学校英語」(文春新書)によれば、小学校
    からの英語教育は保護者からの強い要望に応えて中央教育審議
    会が必修化を提言したもので、多くの教員は必修化に反対だそう
    です。外国人講師は全国2万3千校に121人しかいません。これ
    は必読書だと思います。

18.歩きながらケイタイ、自転車を走らせながらケイタイ、また、車を運転
   しながらケイタイを使う人々がまだまだかなりいます。自分にも他人
  にも危険なこの習慣が早く自粛されるように祈りましょう。   

19.手前勝手な外国からの動物保護主義者に対して、政府・地方自治体
   が厳しく取締るように祈りましょう。    
  * 南氷洋でクジラ捕穫に反対をエスカレートしてきたシー・シェパード
    が日本に乗り込んで来て、長崎県壱岐ではイルカ、三重県尾鷲で
    はマグロの捕獲を積極的に妨害し始めました。白人たちは自分の
    主義(イデオロギー)を正義ときめこんで、自分が牛や豚や鳥たちを
    大量に殺して食べているのを残酷とは思っていません。日本人は
    そのような自己主張に慣れていないため、戸惑っています。彼らが
    食文化の違いを尊重するように祈りましょう。

20.なぜか近頃、拉致被害者問題が鳴りをひそめてしまいましたが、北
  朝鮮に拉致された被害者が一日も早く帰国できるように祈りましょう。

21.暗い問題ばかりに目を留めると心が暗くなり力を失うので、心を天に
   向け、神様のみ言を信じて、悩みの黒雲を突き抜け、義の太陽イエ
   ス様から聖霊のエネルギーを頂きましょう。

22.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇121篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 8月号祈りの焦点 >> 会計報告へ