トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 6月号祈りの焦点
2011年6月号 祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
  * 天皇陛下は終戦後まもなく、当時11歳で皇太子だったころの日記
    に、「この日本国の立て直しは私が背負わなければいけない」と書
    いておいでになったそうです。今も全く真心からそう思って特別なお
    言葉を下さり、被災地への自衛隊ヘリによる日帰り訪問を続行あ
    そばされたのです。放射性物質が雨に混じって降り注ぐ被災地で
    働く自衛隊・消防団・警察官・その他に対してねぎらいのお言葉を
    下さる時に、陛下は傘をたたんで雨に打たれたままで行動された
    のに対して、傘をさしかける者がいなかったのは、まことに残念の
    一語に尽きます。

2. 菅内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性を
   確保すると同時に、国 際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
  * 西岡武夫参院議長は菅直人首相が被災後2カ月たっても明確な復
    興のビジョンを示せず、国会を閉会して延命を図るのは首相の資
    格なしと断定しています(産経新聞5月18日)。また、自民党も公明
    党も共産党も内閣不信任で一致しています。速やかな政権交代を
    祈ります。
  * 米国のオバマ大統領が派遣した「アドバイザー」が日本の首相官邸
    の4−5階に常駐し、原発事故対策統合本部長の菅首相に代わっ
    て「決裁権」を握っているそうです(週刊ポスト5月20日号、その他
    複数情報)。日本は依然として米国の占領下にあり、米国にも信用
    されない菅内閣がその操り人形になっているとしたら、一刻も早く
    その状態から脱却しなければなりません。
  * また、被災地復興の財源としては、増税ではなく、復興国債を発行
    する方がベターでしょう。

3. 日本赤十字社に寄せられた1千億円以上の義捐金、及び莫大な支
   援物資が民主党政権の介入によって、被災後2カ月たっても被災地
   の人々に有効に分配されないでいるようです。そして多くの物資が集
   積所で廃棄処分されつつあるそうです。日赤は巨大な組織ですから
   日赤と被災地の自治体との緊密な連絡によって早く適切に分配され
   るよう祈りましょう。

4. 菅内閣は3月18日コンピューター監視法案を閣議決定し、国会に提
   出することを決めました。この法案は民主党が提出すると言っていた
   「共謀罪」の一部で、警察や検察は令状なしでプロバイダーを監視で
   きるという悪法です。これが国会で否決されるように祈りましょう。
  * 既に、4月1日からネット上の言論弾圧が始まり、アシュラ、2チャン
    ネル、その他のブログが封鎖され始めています。例えばデマ宣伝
    者ではない原発ジャーナリスト広瀬 隆氏のブログ、動画も
    YAHOOその他が封鎖しました。最新刊「福島原発メルトダウン」
    広瀬隆著(朝日選書)

5. 震災のどさくさにまぎれて社民党が国会に「外国人住民基本法案」を
   提出しました。この悪法が可 決されないように祈りましょう。
  * 外国人住民基本法とは、外国人参政権、戦時賠償、移民促進、
    3年在留で犯罪者も無罪放免、重国籍付与、外国人が公務につく
    権利、政治家になる権利付与等をふくむものです。
  * 投票権を18歳以上とし、永住外国人にも投票権を付与した自治体
    が、愛知県高浜市、神奈川県大和市、逗子市、東京都三鷹市、広
    島市、千葉県我孫子市、大竹市、岸和田市、小諸市、北海道北広
    島市等22自治体に及んでいます。驚くべき不見識です。

6.日本のキリスト教会が、聖霊、霊魂、天使、悪魔・悪霊等の霊的な事
   柄について、経験と理解を深めるように祈りましょう。   
  * 過去2000年に亘るキリスト教の歴史の中で、カトリック教会や正
    教会などは、霊的経験と理解とを保ち、豊かな霊性を培ってきまし
    たが、現代プロテスタント教会は牧師が神学的に聖書を解釈する
    知的訓練に偏り、霊性の養いが乏しく、「霊」といえば「オカルト」と
    考えて忌避する人が少なくありません。ブルトマンの非神話化神学
    の悪影響のみならず、牧師の聖霊経験の乏しさが霊の事柄の無
    理解の原因になっています。牧師・神学生は先ず、真剣に聖霊で
    満たされる事を一心に求めて、主イエス・キリスト様に祈ること。聖
    霊が分かれば、悪霊もハッキリと分かります。

7. 日本民族総福音化運動が発展して成果を挙げるように祈りましょう。
  * これは日本民族総福音化協議会が推進している運動です。
    総裁 奥山 実、 副総裁・事務局長 手束 正昭

8. 被災地のキリスト教会が復興し、以前にまさる力強い福音宣教を展
   開するように祈りましょう。
   また、被災したクリスチャンたちが苦難に負けず、喜び、祈り、感謝し
   て、広く周りの隣人たちに対し活けるキリストの証し人となるように祈
   りましょう。また、そのために、日本全国のクリスチャンや教会が、教
   派を超えて互に助け合うように祈りましょう。

9. 福島原発では、1号機から3号機まで初めから炉心がメルトダウンを
   起こしていた事実が3.11から2カ月経って、やっと公表されました。
   それは一般の有識者たちが初めから警告していたことです。東電と
   政府が発表を遅らせたために、放射線・放射物質の汚染が全国的
   に広がっているのに、それを隠蔽し、適切な防護・退避活動が遅れ
   ています。壊れた原発の速やかな廃炉と、空中・地上・海中及び人
   体における放射能汚染の広がりや、累積被曝量の程度についての
   情報を政府(気象庁)が国民に対し誠実に発表し、それに対する適切
   な防護方法を示すように祈りましょう。  
  * 宮城県の製塩業者が海水から塩を作る伝統的技法で製塩をはじ
    めたことをテレビが放映していました。福島原発からは莫大な量の
    放射能汚染水が海中に垂れ流されているのに、気象庁はなぜそ
    の実態を公表しないのでしょうか。神奈川西部や、千葉の茶葉から
    も濃いセシウムが検出され出荷停止になりました。汚染範囲の確
    かな情報を政府(気象庁)が発表する責任があります。  
  * 放射能計測器(ガイガー・カウンター)のメーカーが増産を開始しま
    した。国民が真実を知る権利を、政府が大切にするように祈りまし
    ょう。「一家に一台ガイガーカウンター!」

10.中国から飛んで来る黄砂の中には多量の放射性物質が含まれてい
   るという報道が以前からありましたが、その実態についての検証と発
   表とが誠実に行われ、対策が示されるように祈りましょう。

11.更に、日本の各地に大地震・火山大噴火等が起こらないように祈り
   ましょう。
  * 自然地震説では、現在、日本列島の下に潜り込む太平洋プレート
    が活動期に入っている。だから、東日本だけでなく他の活断層のあ
    る地域にも起こる可能性があると言います。
  * 人工地震説では、これは国際的闇の権力が日本から富を収奪し、
    日本を奴隷化するための地震兵器によるテロだと言います。
    だから更に、富士山の噴火、原発のある地域を狙う可能性がある
    と。  
    (リチャード・コシミズ著「3.11同時多発人工地震テロ」2011年
    4月20日発行・これは必読書です)
  * いずれにしても、「地殻の中に溜まったエネルギーが分散して出る
    ように」という従来の「大地の癒しの祈り」だけでは間に合わないと
    思います。悪魔の悪巧みを打ち砕く霊の戦いの祈りが必要です。
  * わたしたちは天地万物の創造主・贖い主・救い主イエス・キリストの
    勝利を確信して祈りましょう。

12.小学校から英語教育を取り入れることになりましたが、これを改めて
   国語教育に重点がおかれるよう文部科学省の方針が変更されるよ
   うに祈りましょう。  
  * 鳥飼玖美子著「危うし!小学校英語」(文春新書)によれば、小学校
    からの英語教育は保護者からの強い要望に応えて中央教育審議
    会が必修化を提言したもので、多くの教員は必修化に反対だそう
    です。外国人講師は全国2万3千校に121人しかいません。これ
    は必読書だと思います。
    
13.東日本の多くの市町村は壊滅状態なので、都市計画から都市完成
   までの長年に亘る一大開発事業が始まります。日本経済が今後長
   期に亘って好況になることを祈りましょう。

14.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇121篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 6月号祈りの焦点 >> 会計報告へ