トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 4月号祈りの焦点
2011年4月号 祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
  * 天皇陛下は3月17日、3月11日(金)午後2時46分に発生した東
    日本大震災に際し、日本国民(特に被災者)に対する慰めと励まし
    のビデオ・メッセージを発表されました。これは前例のない特別な
    発表です。また、節電や暖房の制限などを通し、また被災者の避
    難所を慰問することなどを通して、「われ国民と共にあり」という思
    いを体現しておいでになるようです。

2. 菅内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性を
   確保すると同時に、国 際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
  * 人材不足の菅内閣だけでは、この危機は到底乗り切れないでしょ
    う。党派を超えて、日本の伝統をしっかり受け継ぐ優秀な政治家を
    結集した新しい政権の樹立を祈りたいと思います。
  * 韓国は竹島に海洋基地を建設する工事を4月中に着手するそうで
    す。

3. 日本赤十字社に寄せられた義捐金を政府が差配することは赤十字
   の独立の大原則に違反し、民主党の紐付きとなり、様々の政治的支
   配を被災地に及ぼすことになるので、義捐金の公正な分配は日赤の
   責任において行われるように祈りましょう。
  * 片山善博総務相は4月3日のNHKの番組で、「日赤と関係自治体
    間では調整に時間がかかるため、異例ながら政府が差配すること
    になった」と語りました。3月末で総額約1000億円。

4. 菅内閣は3月18日コンピューター監視法案を閣議決定し、国会に提
   出することを決めました。この法案は民主党が提出すると言っていた
   「共謀罪」の一部で、警察や検察は令状なしでプロバイダーを監視で
   きるという悪法です。これが国会で否決されるように祈りましょう。
   既に、4月1日からネット上の言論弾圧が始まり、アシュラ、2チャン
   ネル、その他のブログが封鎖され始めています。

5. 震災のどさくさにまぎれて社民党が国会に「外国人住民基本法案」を
   提出しました。この悪法が可 決されないように祈りましょう。
  * 外国人住民基本法とは、外国人参政権、戦時賠償、移民促進、
    3年在留で犯罪者も無罪放免、重国籍付与、外国人が公務につく
    権利、政治家になる権利付与等をふくむものです。

6.日本のキリスト教会が、聖霊、霊魂、天使、悪魔・悪霊等の霊的な事
  柄について、経験と理解を深めるように祈りましょう。   
  * 過去2000年に亘るキリスト教の歴史の中で、カトリック教会や正
    教会などは、霊的経験と理解とを保ち、豊かな霊性を培ってきまし
    たが、現代プロテスタント教会は牧師が神学的に聖書を解釈する
    知的訓練に偏り、霊性の養いが乏しく、「霊」といえば「オカルト」と
    考えて忌避する人が少なくありません。ブルトマンの非神話化神学
    の悪影響のみならず、牧師の聖霊経験の乏しさが霊の事柄の無
    理解の原因になっています。牧師・神学生は先ず、真剣に聖霊で
    満たされる事を一心に求めて、主イエス・キリスト様に祈ること。
    聖霊が分かれば、悪霊もハッキリと分かります。

7. 日本民族総福音化運動が発展して成果を挙げるように祈りましょう。
  * これは日本民族総福音化協議会が推進している運動です。
    総裁 奥山 茂、 副総裁・事務局長 手束 正昭

8. 被災地のキリスト教会が復興し、以前にまさる力強い福音宣教を展
   開するように祈りましょう。  また、被災したクリスチャンたちが苦難
   に負けず、喜び、祈り、感謝して、広く周りの隣人たちに対し活ける
   キリストの証し人となるように祈りましょう。また、そのために、日本全
   国のクリスチャンや教会が、教派を超えて互に助け合うように祈りま
   しょう。

9. 被災した福島原子力発電所から発せられる放射線・放射物質の汚
   染が、適切な方法で速やかに終息させられるように祈りましょう。  
  * 政府はその適切な決定的方法が見つからないので、早くても数ヶ
    月はかかりそうだと発表しました。チェルノブイリのように発電所を
    コンクリートで密封する方法も、冷却後でないと出来ないようです。
  * 1945(昭20)年広島に原子爆弾が落とされたとき、今後90年間は
    草も生えないと言われていましたが、1953(昭28)年の春、わた
    しは広島に雑草が茂り、街が復興しつつあるのを見ました。いわゆ
    る放射能被害の学説が当たらない部分もあるのだと思います。

10.放射能汚染の広がりや、累積被曝量の程度についての情報を政府
   (気象庁)が国民に対し誠実に発表し、それに対する適切な防護方法
   を示すように祈りましょう。  
  * マスコミに登場する学者や解説者たちは混乱が起こらないように控
    えめに発表しているのではないかと疑っている国民は少なからず
    いるようです。なぜなら、大量の放射物質が既に広く降り注いでい
    るという広瀬 隆説のような情報もあれば、現状の放射線量は従
    来の自然放射線量に近いもので、人体や家畜、野菜その他に対し
    て、むしろ好影響を与えるものだというような稲 恭広説(東大放射
    線医学博士)もあります。しかし、累積被曝量については取り上げら
    れていません。
  * 国民各自がガイガーカウンターを所持して、自分で放射能の有無
    を確かめられるようにする方法はないものでしょうか。
  * どうにも防ぎようが無い場合には、クリスチャンは聖霊によって護ら
    れ、「毒を飲んでも、決して害を受けない」と宣言して、大胆に行動
    することが必要です(マルコ福音書16:16〜17)。

11.更に、日本の各地に大地震・火山大噴火等が起こらないように祈り
   ましょう。
  * 自然地震説では、現在、日本列島の下に潜り込む太平洋プレート
    が活動期に入っている。だから、東日本だけでなく他の活断層のあ
    る地域にも起こる可能性があると言います。
  * 人工地震説では、これは国際的闇の権力が日本から富を収奪し、
    日本を奴隷化するための地震兵器によるテロだと言います。だか
    ら更に、富士山の噴火、原発のある地域を狙う可能性があると。
  * いずれにしても、「地殻の中に溜まったエネルギーが分散して出る
    ように」という従来の「大地の癒しの祈り」だけでは間に合わないと
    思います。悪魔の悪巧みを打ち砕く霊の戦いの祈りが必要です。
  * わたしたちは天地万物の創造主・贖い主・救い主イエス・キリストの
    勝利を確信して祈りましょう。

12.この春に統一地方選挙が行われます。東京都をはじめ13知事選挙
   と、全国44道府県議員選挙とが4月10日に行われ、各地の市区町
   村長、議員選挙が4月24日に行われます。健全な日本国家を建設
   するのに相応しい首長や議員が選ばれるように祈りましょう。
    
13.「計画停電」と称する無計画停電が中止され、もっと適正な方法での
   節電が行われるように祈りましょう。   
  * 「計画停電」によって首都東京の交通機関は麻痺状態となり、病院
    や病人のいる家庭の電気も止まり、大企業、中・小企業の工場の
    操業は寸断され、温室栽培の農産物も壊滅的被害をうけました。
    これはまさに人災です。日本の小企業の操業停止は、大・中企業
    の操業停止、引いては国際的な取引先の操業停止を招いていま
    す。それだけではありません、必要な照明までも消した結果、東京
    都を始め各市町村が真っ暗になり、東日本の活力が著しく低下し
    ています。おまけに、何もかも自粛、自粛、自粛で、鳴り物を抑えた
    ことも影響しています。もう、喪に服する事をやめて、もっと強い、
    新しい日本を建設するために奮起すべき時ではないでしょうか。

14.東日本の多くの市町村は壊滅状態なので、都市計画から都市完成
   までの長年に亘る一大開発事業が始まります。日本経済が今後長
   期に亘って好況になることを祈りましょう。

15.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇121篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 4月号祈りの焦点 >> 会計報告へ