トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 会計報告
会計報告
(20010年10月1日〜11月30日)
収  入
金 額
支  出
金 額
献 金
会場費もどり分
169,600
2,000
交通費
印刷費
資料費
郵送費
事務費
振替手数料
電話料
HP更新料
会場費
委員会費
3,000
13,200
32,510
14,790
0
970
12,290
2,105
14,000
3,500
小 計
169,600
小 計
96,365
前月繰越
152,121
翌月繰越
225,356
国内活動基金 収入
0
国内活動基金 支出
0
前月繰越金
15,700
翌月繰越金
15,700
国際会議参加基金 収入
0
国際会議参加基金 支出
0
前月繰越金
35,474
翌月繰越金
35,474
合  計
372,895
合  計
372.895

【献金者芳名】(順不同)
 相模大野教会(神奈川) 2回 澤田昭夫(東京) 1回
 札幌グレイス教会(北海道) 2回 新井かおり(北海道) 1回
 東京とりなし祈祷会 2回 新村眞一(栃木) 1回
 高砂教会(兵庫)  1回 佐藤節代(神奈川) 1回
 高花  豊(東京) 1回 三村二三雄(静岡) 1回
 赤羽根恵吉(神奈川) 1回 永野誠治(大分) 1回

【編集後記】
* とりなしニュースレター2011年2月号をお送りします。今回も、前回
  に続いて天使の中で特にセラフィム(熾天使)をとりあげました。聖書
  の中にも善い龍と蛇がいることを、やっと突き止めたからです。 
  それが神様の玉座の周りを讃美・演奏しながら、飛び翔けるセラフィ
  ムであったとは驚異でした。
* しかも、セラフィムは天界の至高なる神の玉座の周りにいるだけでな
  く、神の臨在されるところには、天界でも地上でも自由自在に飛び翔
  り、聖霊の働きのあるところに栄光と力とをもって祝福を送ります。
  次回は「虹」について書いてみたいと思います。
* 裁判員制度の実施が決まったとき、実施後4年目には、その可否に
  ついて検討するという但し書きがついていたと記憶しますが、PCの
  検索エンジンで検索しても出て来ませんし、日本の論点2010にも書
  いてありませんでした。お心あたりの方は編集者までメールして下さ
  いませんか。よろしくお願い致します。
* 英訳を担当して下さる方はご一報を。 (編集者・ヨハネ皆川尚一記)

【次回日本のとりなし委員会予告】
 日時:2011年3月16日(水)10時30分〜15時 
 場所:キリスト公会 相模大野教会

トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2011年度 >> 会計報告