トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2010年度 >> 12月号祈りの焦点
2010年12月号 祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
  * 天皇陛下を政治利用しようとする内外からの企てが政府や宮内庁
    によって阻止されるように。
  * また両陛下のご健康のために必要な休養が配慮されますように。
  * 天皇家の伝統が尊重され、男系の男子によって受け継がれます
    ように。また、天皇を天皇たらしめる霊的資格が正しく継承される
    ことが重要です。

2. 菅内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性を
   確保すると同時に、国 際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
  * 中国・韓国・ロシアの日本国土に属する島々の領有権主張に対し、
    日本政府が断乎としてこれを拒否し、領土を守るための対策を強
    化するように。

3. このクリスマス・シーズンに、日本国民1億2千700万人の霊魂が
   イエス・キリストに結びついて救われるように祈りましょう。

4. 日本民族総福音化運動が発展して成果を挙げるように祈りましょう。
  * これは日本民族総福音化協議会が推進している運動です。
    総裁 奥山 茂、 副総裁・事務局長 手束 正昭

5. 日本全国の若者たちをキリストにあってつなぐ運動が拡大して全国
   的なネットワークとなるように祈りましょう。   
  * 上記「日本民族総福音化運動協議会」機関紙11月号所載の『深
    みに漕ぎ出して網を下ろせ!』札幌・カナンプレイズチャーチ長澤
    崇史宣教師記述によれば《教派・教団・教会を超えた若者たちの
    繋がりが北海道にあったが、2005年沖縄にもあることが分かって
    両者が結びついた。それは関西にもあってユースリーダーたちが
    協議した結果、全国縦断ネットワークを作って行くことになった。
    2007年大阪で全国大会を開き、全国30都道府県から延べ
    1500人以上の若者が集まった。東北(仙台、青森)や北陸にもこ
    の輪が広がりつつある。この運動は、ただキリストという御名で繋
    がり、キリストにのみ望みを置き、それによって一つにされていきた
    いという願うものである》。キリストの御名で結ばれた若者たちが、
    やがて各地域の「教会」に結びつくように祈りたいと思います。

6. 日本全国の高齢者の霊魂がキリストにあって救われるために祈りま
   しょう。   
  * 漫画「ゲゲケの鬼太郎」の作者の水木 茂は、「死んだら無だ。なあ
    ーんにもない」と言っていました。こういう死生観を持つ人は少なく
    ありません。キリストにある永遠の生命の福音を伝える使命がわた
    したちにはあると思います。   
  * 一般の老人ホームを訪問して福音を語るのは、特定の宗教の持ち
    こみはお断りとされるでしょう。しかし、歌謡曲・唱歌・童謡・ポピュラ
    ーな讃美歌(いつくしみ深き友なるイエス、空にさえずる鳥の声)等
    を歌うことは歓迎されると思います。   
  * 介護にあたる人々には、ごく自然に神様の事を語り、また祈る機会
    があるでしょう。

7.キリスト教式葬儀を通じて多くの人々がキリストの救いを求めるように
   祈りましょう。

8.大学・高校卒業者の就職口が増えるように祈りましょう。   
  * 朝日新聞11月17日号「大卒漂流」によれば、来春卒業予定の大
    学生の就職内定率(10月1日時点)が過去最低の57.6%まで落
    ち込み、就職活動は再び氷河期に突入したということです。    
  * 11月29日のTVでは、中小企業に対する高卒者の就職率がアッ
    プするように、企業側が、高卒予定者の保護者を職場に招いて見
    学してもらい、大企業を下支える中小企業の重要性の認識を高め
    ようとする活動を紹介していました。世間体を気にしなければ就職
    口はあるとも言えます。

9.日本の森林と水源地を外資から守るために地主の意識が目覚める
  ように、かつ政府、及び地方自治体が守るための方策を打ち出し、
   売られた土地を買い戻す努力をするように祈りましょう。    
  * NHKクローズアップ現代によれば、日本各地の森林と水源地が外
    国資本によって秘かに買収されつつあります。中国、マレーシア、
    イギリス、アメリカ、オーストラリア、フランス等です。場所は北海道
    ・長野県・三重県・五島列島等です。日本の土地制度は明治5年に
    土地所有者に土地を自由に使わせる法律制度が定められ、それ
    以来変わっていないのです。地主の高齢化(80歳以上)が進み、
    早く手放したいとか、金はいくらあっても困らないとか、外国人に売
    るのは罪悪という意識もない状態です。ニセコでは292ヘクタール
    (東京ドーム60個分)の水土保全林が売られており、ニセコ町が買
    い戻す努力をしていますが、これは国土保全・安全保障上の国家
    的な問題として政府が乗り出す必要があると思われます。   

10.日本の農業の再生策として農地法が改正され、若者たちの農業参
   加への道が開かれるように祈りましょう。

11.主婦から定年後のサラリーマンまで「発明」に挑戦する人々が増え
   ています。金儲けよりも、みんなに喜んでもらいたいという愛の気持
    ちで成功する例が多いそうですから、社会的活力となるように祈りま
   しょう。

12.裁判員制度が廃止されるように祈りましょう。   
  * 11月16日に横浜地裁で行われた裁判員裁判で、初めて死刑判
    決が出ました。このとき裁判長は被告に対して、「重大な結論となっ
    た。裁判所としては、控訴を勧めたい」との異例の説諭でしめくくり
    ました。これでは裁判員が何のために苦悩しつつ「死刑」の結論を
    出したかが意味を失うことになると思います。裁判員制度を廃止し
    裁判官が全責任を負うあり方に帰るべきです。   

13.容疑者の人権が守られるように祈りましよう。   
  * 東京・立川の拘置所を見学したA牧師によれば、既決の人には未
    だ自由が認められているけれども、未決の人は推定無罪ではなく、
    99.9%有罪と看做されていることが分かったそうです。
  * ある人が電車の中で女性から「痴漢だ!」として近くの交番に訴え
    られましたが、そこにいた警部と警官が有無を言わせず犯罪者とし
    て本署に連行し、留置しました。しかし、あとで証拠不十分で釈放さ
    れたのです。容疑者は推定無罪として人権が守られるように、警察
    官の意識が変えられる必要があるでしょう。

14.沖縄最西端の与那国島に、速やかに、自衛隊基地が置かれるよう
    に祈りましょう。   
  * 現在、与那国島には島民が800人しかいないので、一日も早く、こ
    こに自衛隊の基地を置く必要があります。先ごろの北沢防衛大臣
    の発言では早くても5年後になるだろうとのことでした。

15.覚せい剤175kgの持ち込みが空港で発見されました。麻薬の密輸
   が水際で防止できるように。

16.北朝鮮による拉致被害者の帰国が安全に、速やかに実現するよう
   に祈りましょう。   
  * ある有名な北朝鮮びいきの人物は、戦時中に日本は多数の朝鮮
    人を拉致して奴隷労働させたのだから、少数の拉致被害者のこと
    でガタガタ言うべきでないと、公けに講演していました。これは理不
    尽な考え方です。戦時中朝鮮は日本の領土でしたから、拉致には
    当たりません。戦時徴用は日本人全てに適用されたのです。自分
    の家族を拉致された人の身になって祈りましょう。

17.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2010年度 >> 12月号祈りの焦点 >> 会計報告へ