トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2010年度 >> 会計報告
会計報告
(2010年6月1日〜2010年7月31日)
収  入
金 額
支  出
金 額
献 金
82,000
交通費
印刷費
資料費
郵送費
事務費
振替手数料
電話料
HP更新料
会場費
委員会費
3,000
0
7,449
15,110
525
450
11,064
4,210
14,000
3,416
小 計
82,000
小 計
59,224
前月繰越
138,126
翌月繰越
160,902
国内活動基金 収入
0
国内活動基金 支出
0
前月繰越金
15,700
翌月繰越金
15,700
国際会議参加基金 収入
0
国際会議参加基金 支出
0
前月繰越金
35,474
翌月繰越金
35,474
合  計
271,300
合  計
271,300

【献金者芳名】(順不同)
 相模大野教会(神奈川) 2回 高砂教会 (兵庫)  1回
 札幌グレイス教会(北海道) 3回 佐藤 節代(神奈川) 1回
 東京とりなし祈祷会 2回 澤田 昭夫(東京) 1回

【編集後記】
* とりなしニュースレター10月号をお送りします。今回は、とりなしの祈
  りを助け支えて働いてくれる天使についてのレポートを巻頭に掲げま
  した。
* 天使の実在については旧約聖書にも新約聖書にも沢山記されていま
  すが、あれは古代人の空想で、現代人はもっと合理的・心理学的に
  説明できると思っている人が少なからずいるようです。特にプロテスタ
  ントの牧師・信徒に多いですね。面白いことには、そういう人には天使
  が見えないのです。霊感が鈍いためです。
* しかし、聖霊に満たされると霊感が目覚めて、肉眼では見えない霊の
  世界が現実のものとして見えてきます。天使も見えれば、悪魔も見え
  ます。霊に関する識別力が聖霊によって与えられるからです。世の中
  には聖霊に満たされなくても、霊感が目覚めている人たちが沢山いて
   善い霊や悪い霊に導かれていますので、合理主義・科学主義に捕ら
   われていては人を理解し、正しく導くことは困難でしょう。
* 今回は、祈りの焦点の中に、「日本国の国防力を強化するため、自
  衛隊の専守 防衛の方針を転換し、先制攻撃が出来る体制を整える
  ための法改正を国会において検討するように」という課題を掲げまし
  た。その理由については、8月号のレポート「平和憲法を見直そう」に
  書いてありますので、ご覧下さい。           (ヨハネ皆川尚一)

【次回日本のとりなし委員会予告】
 日時:2010年11月17日(水)12時 場所:キリスト公会 相模大野教会

トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2010年度 >> 会計報告