トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2010年度 >> 10月号祈りの焦点
2010年10月号 祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
  * 天皇陛下を政治利用しようとする内外からの企てが政府や宮内庁
    によって阻止されるように。
  * また両陛下のご健康のために必要な休養が配慮されますように。
  * 天皇家の伝統が尊重され、男系の男子によって受け継がれますよ
    うに。また、天皇を天皇たらしめる霊的資格が正しく継承されること
    が重要です。

2. 菅内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性を
   確保すると同時に、国 際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
  * 菅首相が威勢の良い観念的な口約束ではなく、国民にヴィジョンを
    示し、具体的な施政方針を打ち出すように。
  * 中国・韓国・ロシアの日本国土に属する島々の領有権主張に対し、
    日本政府が断乎としてこれを拒否し、領土を守るための対策を強
    化するように。

3. 明治初期におけるクリスチャン・スクールの創設者たちの先覚者精
   神が活かされるように祈りましょう。   
  * 明治学院、フェリス女学院、立教学院、青山学院、同志社、女子学
    院、神戸女学院、関西学院、活水学院、東洋英和女学院、
    その他。1863〜1890年までの27年の間に67校が東京・大阪
    初め全国地方都市に設立されました。その設立の目的は、
  (1)文明開化(欧化)時代の風潮に応じて、英語・洋学を教授すること
  (2)学生・生徒にキリスト教的感化を及ぼすこと、
  (3)日本社会において差別されてきた女性に教育を授けて社会的地
     位を向上させること等です。

4. キリスト教会が高齢者に対する伝道に力を入れるように。   
  * 漫画「ゲゲケの鬼太郎」の作者の水木 茂は、「死んだら無だ。なあ
    ーんにもない」と言っていました。こういう死生観を持つ人は少なく
    ありません。キリストにある永遠の生命の福音を伝える使命がわた
    したちにはあると思います。

5. 日本の伝統的文化を守るために、漢字制限の撤廃、ひらがな、カタ
   カナの適正な学習、すべての漢字にルビを振ること等について文部
   科学省が思い切った改革を実行するように祈りましょう。
  * 漢字制限論、漢字廃止論は江戸時代末期から続いてきました。
    そして、戦後になって志賀直哉の日本語廃止・フランス語を国語と
    せよという主張や読売新聞の漢字廃止論が出ました。     
    また、GHQは占領政策として「漢字全廃」を決定し、それまでの間
    当面使用する漢字として簡略化された当用(常用)漢字と現代かな
    づかい、教育漢字を制定しました。   
  * しかし、漢字制限の結果、日本の優れた伝統的文化を読めない、
    理解出来ない、味わえない世代が生まれて、文化の継承が断絶さ
    れる恐れが生じています。漢字は象形文字なので見て理解しやす
    く、ルビを振れば覚えやすく、音読することによって心と体で養われ
    る利点があります。子供の頃に苦労して身につけたものは死ぬま
    で憶えているものです。安易さを追求するあまり、大切な宝物を失
    うことになっては、日本民族のみならず、人類文化のためにも惜し
    いことだと言わねばなりません。

6. 神の声に耳を傾け、物ごとを大局から見て子供を教育する教師が養
   われるように祈りましょう。   
  * ソクラテスは常に神の声に耳を傾け、路を歩いていてもときどき立
    ち止まって瞑想している人であったと言われます。また、プラトンも
    教育とは、教え込むことでなく、子供の中にあるものを引き出すこ
    とだ考えました。彼は子供の霊魂がその体に宿る前に、すでに天
    界において神から受けている知恵と知識がある。それを想起(アナ
    ムネーシス)させるのが教育だと考えたのです。ひとりの人間の中
    に宿っている能力を100%とすれば、約30%くらいしか引き出さ
    れないで一生を終える場合がほとんどであると言われます。

7. 臓器移植法の改悪により本人の同意なく、家族の賛成だけで脳死し
   た人の臓器を移植できるようにした結果、臓器移植が安易に行われ
   るようになりました。脳死を人の死と考えることをやめる方向で臓器
   移植法が改正されるように祈りましょう。    
  * 聖書的には、[死]とは霊魂が肉体を離れて、両者を結ぶ銀の紐
    が断たれることを言います。

8. 石油は化石燃料であって近い将来枯渇するおそれがある(有機起源
   説)といわれて来ましたが、20世紀になって石油無機起源説が勃興
   し、あと500年は大丈夫と言われるようになりました。この新説が十
   分な裏づけと実際的な開発によって証明され、実用化されるように祈
   りましょう。
  * 石油無機起源説は、1907年メンデレーエフ(ロシア)、1970年
    トーマス・ゴールド(アメリカ) 「未知なる地底高熱生物圏」
    (トーマス・ゴールド著 丸健志訳 大月書店刊)によって唱えられ
    ました。

9.裁判員制度が廃止されるように祈りましょう。   
  * 裁判員制度が持つ弊害がますます多く出て来ています。押尾被告
    の裁判に関わる裁判員はどんなに戸惑うでしょうか。

10.電通(でんつう)のマスコミ支配が排除されるように祈りましょう。
  * 電通とは、日本最大の広告代理店で、その傘下には、約120社の
    映像プロダクションと、約400社のグラフィックアートスタジオ等が
    あり、マスメディア各社、地方新聞、地方テレビ局にも多数の役員
    を派遣し、その支配力は強大です。その電通のトップは成田 豊最
    高顧問で韓国生まれ、大の親韓派で日韓文化交流に貢献したとし
    て韓国政府から「功労修交勲章光化章」を贈られました。彼は白犬
    を日本のお父さん役にしたソフトバンク・侮日コマーシャルCMを流
    行らせ、また、電通の主導でNHKやテレビ各社に韓流ブームを押し
    進め、日本人の嫌韓感情を変えようと全マスメディアを総動員して
    日本国民の意識操作をもくろんだのです。電通は番組内容にも決
    定権を持ち、広告主とテレビ局の両方に、圧倒的な影響力を保持
    しています。電通に反抗すれば、テレビ局や新聞はスポンサーを紹
    介してもらえなくなるし、電通はその情報操作力によって各企業の
    内部事情を把握し、各社の生殺与奪権をも持っているのです。
    (月刊誌WILL2010年8月号所載「ソフトバンクCM『お父さん犬』に
    隠された侮日工作の意図」水島  総pp134〜137参照)。

11.尖閣諸島で起きた中国漁船の日本巡視船に対する衝突事件は、中
   国政府の恫喝に屈した日本政府が、犯罪者である漁船の船長を裁
   くことなしに釈放することにより、穏便に収めようとしました。しかし、
   中国は尖閣を自国領として主張し、船長の逮捕・拘留に対する謝罪
   と賠償を要求して来ました。これに対し、日本政府が強い政策を打ち
   出すように祈りましょう。   
  * 犯罪者である中国漁船の船長を日本の裁判にかけないで釈放・帰
    国させたことは、日本の尖閣諸島における領有権を自ら否定する
    ことになります。だから中国が謝罪と賠償を要求したのです。

12.日本国の国防力を強化するため、自衛隊の専守防衛という従来の
   方針を転換し、先制攻撃の出来る体制を整えるように、法改正を国
   会において検討するように祈りましょう。
  * 先制攻撃とは、やたらに先に手を出して攻撃するという意味ではな
    く、敵が攻撃してくることがわかったら、すばやく敵の出鼻をくじいて
    こちらから攻撃することです。攻撃されたら防衛するのでは、防衛
    は成功せず、敗北するほかないからです。詳しい説明は、「日本の
    とりなしニュースレター」8月号のレポートをご覧下さい。
    
13.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2010年度 >> 10月号祈りの焦点 >> 会計報告へ