トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 12月号祈りの焦点
祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
 【解説】
  * 天皇即位20年に際し、去る11月6日に天皇皇后両陛下の記者会
    見が宮殿・石橋の間で行われました。そのとき皇位継承について
    宮内庁記者会代表からの質問に対して、天皇陛下は次の通り答え
    られました。「皇位継承の制度にかかわることについては、国会の
    論議にゆだねるべきであると思いますが、将来の皇室の在り方に
    ついては、皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されること
    が重要と思います。二人は長年私と共に過ごしており、私を支えて
    くれました。天皇の在り方についても十分考えを深めてきているこ
    とと期待しています」。
  * このお言葉を通して知られることは、民主党政権の成立により、陛
    下が天皇家の伝統の継承を明確に打ち出す事を控えるようになら
    れたことです。日本の歴史を一貫しているのは、政権は代わっても
    天皇、皇統は一貫して存続するということです。この伝統が崩れて
    来たのは、民間からの皇后が入り、家族愛を中心とする「家」の論
    理が皇室に持ち込まれた結果ではないかと考えられます。
    このままでは、伝統はもっと崩れるでしょう。

2. 鳩山内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性
   を確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
 【解説】
  * 政府が平成22年度予算の概算要求の無駄を削る行政刷新会議
    をテレビで実況中継したことは良かったと思います。しかし、それに
    よって仕分け人が高圧的に関係者の発言を封じる場面が目立った
    こと。また、たった1時間の議論で重要な事業費を廃止・凍結などと
    したことに疑問を感じた人々が多く、抗議のメールが4400通も文
    部科学省のホームページに寄せられたそうです(産経新聞11月2
    3日トップ記事)。これにより、11月24日から始まる第2次行政刷
    新会議で、スーパーコンピューターの開発事業費の凍結を見直し、
    予算を復活させる模様です。とりなしの祈りと同時に、国民の声を
    政府に届ける努力も国民ひとりびとりの責任でしょう。

3. 今年プロテスタント宣教150周年を迎える日本のキリスト教界に、聖
   霊の火が激しく降って、新しい霊的覚醒がおこり、日本国民1億2千
   7百万人が主の御救いに与るように祈りましょう。また、このクリスマ
   スに沢山の人々が教会に来て、主イエス・キリストを信じて救われる
   ように祈りましょう。

4.日本キリスト教婦人矯風会の働きが更に祝福されて発展するように
  祈りましょう。
 【解説】
  * 矯風会は、1886年12月6日、56人のクリスチャン女性によって
    発足しました。最初の名称は「東京婦人矯風会」とし、初代会頭に
    矢島かじ子を選出しました。今年創立123周年を迎え現在も盛んに
    活動しています。。機関紙「婦人新報」を発行し、一夫一婦請願、か
    らゆきさん引き上げ請願等を毎年続け、保護する女性のための
    「慈愛寮」を建てるために土地を購入しました。女性福祉事業として
    「慈愛寮」の設立、「東京婦人ホーム」の設立、「女性の家HELP」開
    設、「矯風会ステップハウス」開設等に努めました。また公娼制度
    廃止、婦人参政権獲得運動、未成年者喫煙禁止法、飲酒禁止法、
    の成立、平和運動等に努力してきた結果、日本全国を4ブロックに
    分け、16部会、76支部を持つ全国組織に発展してきました。

5. 核兵器廃絶のために祈りましょう。
 【解説】
  * アメリカのオバマ大統領は9月にミサイル防衛(MD)東欧配備を事
    実上中止すると明言したので、ロシアの対米信頼感を強めました。
    また、それぞれの国が保有する核弾頭や運搬手段の削減目標も
    既に7月に決まっていますが、ロシアはアメリカでの査察を主張し、
    自国での査察は秘密が洩れることを恐れて同意していません(朝 
    日新聞11月16日)。

6.後期高齢者医療保険制度が改正されるように祈りましょう。
 【解説】
  * 民主党はマニフェストで後期高齢者医療保険制度の廃止を打ち出
    していましたが、廃止するだけで2年かかるので、それよりは今から
    改正案を出すほうが良いと判断しているようです。

7.日本列島全体にわたり、何時地震が発生するかわからない危険性が
  あるので、大地に溜まっているエネルギーが分散して出るように、日
  常的に祈る必要があります。

8. 人権擁護法案が国会に提出されないように祈りましょう。
 【解説】    
  * 人権擁護法案とは、人権委員5名、人権擁護委員2万名をもって
    全国規模の人権擁護委員会を作り、この委員会に強大な権限を
    持たせて、人権侵害の訴えが委員会に提出されたら、必要に応じ
    て委員が立ち入り検査を行い、参考資料を没収することが出来
    る。また、正式の逮捕令状無しに容疑者を強制的に出頭させ、出
    頭に応じない者に対しては、30万円以下の科料に処する。尚、科
    料に関しては地方裁判所が管轄するというものです。また、委員の
    中に、かって人権差別被害をうけた者を入れるとか、何が人権侵
    害かは人権擁護委員が判断するとか、かねてより危惧されている
    悪法です。尚、部落解放同盟は同和立法の期限切れに伴う代替
    法として人権擁護法案の成立を強く推進いています。
  * インターネットで「人権擁護法案」を検索すれば、もっと詳しい資料
    が得られます。

9.外国人住民基本法案が国会に提出されないように祈りましょう。
 【解説】
  * 「外国人住民基本法案」とは、民主党の円(まどか)より子議員が推
    進している法案で、外国人参政権付与法案を初め、戦時賠償・移
    民促進・外国人は5年以上在留すれば永住資格が取れる。永住資
    格者はいかなる理由によっても追放されることはない。すべての外
    国人住民は日本国籍住民と同じ経済的・社会的権利を持つ。永住
    資格を持つ外国人住民は日本の公務に付くことができる等々。
    とにかく権利ばかりで、日本国に住む責任や義務の規定はありま
    せん。これは日本人と在日外国人(韓国人・朝鮮人・シナ人)が友愛
    的に日本列島で暮らすための法案だそうです。インターネットで「外
    国人住民基本法案」を検索すれば、見られます。
  * 民主党・公明党・社民党・共産党はこの法案の成立に全力をかけ
    るため、内容の重複する外国人参政権付与法案を取り下げたそう
    です。

10.神を畏れ、健全で、頭脳明晰で、人を思いやり、家族を愛し、公共
    精神を持ち、国を愛する子供が育つ教育がなされるように祈りまし
    ょう。

11.新型インフルエンザの危険から国民が守られるように祈りましょう。

12.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 12月号祈りの焦点 >> 会計報告へ