トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 10月号祈りの焦点
祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
 【解説】
  * 女系・女性天皇が容認されるような皇室典範改定が行われないよ
    うに。
  * 天皇陛下が謝罪のために韓国を訪問するようなことがないように。

2. 鳩山内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性
   を確保すると同時に、国 際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
 【解説】
  * 鳩山首相は、東アジア地域をわが国の基本的な生活空間ととらえ
    日中を中心とする、東アジア共同体を作って経済協力、安全保障、
    エネルギー、環境、災害救援、感染症対策といった幅広い分野で
    協力する構想を月刊誌「Voice」9月号に発表しています。中国に
    呑み込まれるものでないように祈りましょう。

3. 今年プロテスタント宣教150周年を迎える日本のキリスト教界に、
   聖霊の火が激しく降って、新しい霊的覚醒がおこり、日本国民1億
   2千7百万人が主の御救いに与るように祈りましょう。
 【解説】
  * 日本のために祈るとりなし者が北海道から沖縄まで、各市町村に
    増えるように祈りましょう。神様と1対1で祈ることが最も重要な働き
    です。
  * 他に、地域別の祈祷会。インターネットのskype(スカイプ)無料通
    話を利用した国際的な祈祷会もあります。

4.核兵器廃絶のために祈りましょう。
 【解説】
  * アメリカのオバマ大統領とロシアのメドベージェフ大統領が会談して
    核兵器廃絶のために努力することで一致したことは喜ばしいことで
    す。どうせいつもの形式的な事だろうと思って新聞記事を良く読ん
    だら、本気のようです。それならば廃絶への日程を具体的に決め
    て発表するように期待したいと思います。
  * 大国が膨大な数量の核兵器を保有しているから、自国の防衛と外
    交上のカードとして仕方なく核兵器を持ちたいと考えるのが弱小国
    の言い分です。先ず、米ソ両国が核兵器の廃絶を本気で実行する
    ように祈りましょう。

5. 後期高齢者医療保険制度が廃止されるように祈りましょう。
 【解説】
  * 民主党はマニフェストで後期高齢者医療保険制度の廃止を打ち出
    しています。

6.関東地方南部地域(三浦半島、丹沢山地、相模原市、厚木市、房総
  半島)を震源域とするマグニチュード8クラスの地震が発生するおそれ
  があるという地震情報を寄せられた人がいます。関東南部の地震の
  危険性は未だ解消していません。地下に溜まったエネルギーが分散
   して出るように、大地の癒しの祈りをお願いします。
 【解説】
  * 8月号にも祈りの課題として載せましたが、危険の兆候は未だ続い
    ています。

7.人権擁護法案が国会に提出されないように祈りましょう。
 【解説】
  * 新任の千葉景子法務大臣は、就任早々「人権擁護法案の成立を
    期す」意思をマスコミに公表しました。いわゆる人権擁護法案とは、
    2002年の第154回国会に、第1次小泉内閣により提出され、
    2003年の衆議院解散により廃案となったものです。その後自民党
    の中で一部修正案が検討されましたが、慎重派からの反対が強く
    提出を断念。一方、野党民主党はこれを受けて2005年の第162回
    国会に「人権侵害救済法案」を提出しましたが、郵政解散により廃
    案となりました。
  * 人権擁護法案とは、人権委員5名、人権擁護委員2万名をもって
    全国規模の人権擁護委員会を作り、この委員会に強大な権限を
    持たせて、人権侵害の訴えが委員会に提出されたら、必要に応じ
    て委員が立ち入り検査を行い、参考資料を没収することが出来
    る。また、正式の逮捕令状無しに容疑者を強制的に出頭させ、出
    頭に応じない者に対しては、30万円以下の科料に処する。尚、科
    料に関しては地方裁判所が管轄するというものです。また、委員の
    中に、かって人権差別被害をうけた者を入れるとか、何が人権侵
    害かは人権擁護委員が判断するとか、かねてより危惧されている
    悪法です。尚、部落解放同盟は同和立法の期限切れに伴う代替
    法として人権擁護法案の成立を強く推進いています。
  * インターネットで「人権擁護法案」を検索すれば、もっと詳しい資料
    が得られます。

8. 郵政民営化の見直しにより、郵便貯金が外資に収奪されるおそれが
   なくなるようにように祈りましょう。
 【解説】    
  * 小泉改革で銀行や企業や郵便局が外国資本に乗っ取られる道が
    大きく開かれてしまいました。日本の金はどんどん外資に収奪され
    ています。郵政民営化で郵便貯金も収奪される危機にさらされまし
    た。ところが、アメリカでサブプライムローン問題が起こって、アメリ
    カ経済も日本経済もダウンしたため、一時的に危機が遠のきまし
    た。しかし、もし日本経済が活性化し回復してきたら郵便貯金はあ
    っという間にごっそり収奪されるであろうと評論家は言っています。
    そうならないように祈りましょう。

9.神を畏れ、健全で、頭脳明晰で、人を思いやり、家族を愛し、公共精
  神を持ち、国を愛する子 供が育つ教育がなされるように祈りましょ
  う。

10.先の国会で改悪された国籍法が見直され、改正されるように祈りま
   しょう。

11.裁判員制度が見直され、撤廃されるように。優れた裁判官が養成さ
   れるように祈りましょう。

12.脳死を人の死と認める臓器移植法が撤廃されるように祈りましょ
   う。

13.若者がこの社会を支える力となるために、困窮者への援助だけで
   なく、働く能力や意欲を高め、働く場を提供する政策が打ち出される
   ように祈りましょう。    
 【解説】    
  * 地方自治体の福祉課が生活保護を願い出る人に親切に対応する
    ようになったのは感謝です。

14.新型インフルエンザの危険から国民が守られるように祈りましょう。

15.外国人参政権付与法案が提出されないように祈りましょう。

16.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 10月号祈りの焦点 >> 会計報告へ