トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 8月号祈りの焦点
祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
 【解説】
  * 8月には、広島・長崎の原爆記念日、千鳥が淵墓苑での戦死者・
    戦没者慰霊祭、終戦記念日等の行事があり、天皇・皇后両陛下の
    ご公務が増えますので、とりなしの祈りが特に必要であると思われ
    ます。
  * それにしても、宮内庁の皇室報道は過去の行事に限られ、行事予
    定が全く発表されなくなったのはなぜでしょうか?これではとりなし
    の祈りに差し支えます。行事予定が国民に明らかにされるように
    祈りましょう。

2. 麻生内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性
   を確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
 【解説】
  * 神の御心にかなった良い政治家が総選挙で選ばれるように祈りま
    しょう。
  * 日本国民がマスコミの意図的な世論操作に引っかからないで良い
    政治家を選べるように、神様がスポットライトを照らして識別させて
    下さるように祈りましょう。

3. 今年プロテスタント宣教150周年を迎える日本のキリスト教界に、聖
   霊の火が激しく降って、新しい霊的覚醒がおこり、日本国民1億2千
   7百万人が主の御救いに与るように祈りましょう。
 【解説】
  * 「聖書と祈りと伝道」美竹教会牧師 上田光正著 
    (教会の基本的在り方を示す)
  * 「訓読すべきキリスト教」佐藤 博著 
    (日本人の心でキリスト教を読む試論)
  * いずれにしても、聖霊の働きと、祈りが尊重されるイキイキした
    信仰が大切でしょう。

4.核兵器廃絶のために祈りましょう。
 【解説】
  * アメリカのオバマ大統領とロシアのメドベージェフ大統領が会談して
    核兵器廃絶のために努力することで一致したことは喜ばしいことで
    す。どうせいつもの形式的な事だろうと思って新聞記事を良く読ん
    だら、本気のようです。それならば廃絶への日程を具体的に決め
    て発表するように期待したいと思います。
  * 大国が膨大な数量の核兵器を保有しているから、自国の防衛と外
    交上のカードとして仕方なく核兵器を持ちたいと考えるのが弱小国
    の言い分です。先ず、米ソ両国が核兵器の廃絶を本気で実行する
    ように祈りましょう。

5. 無実の罪で濡れ衣を着せられ逮捕されたり、有罪判決を受けて処刑
   されたり、また暗殺されたりする人々が増えているようです。そういう
   人々が悪の罠から救い出されるように祈りましょう。

6. 関東地方南部地域(三浦半島、丹沢山地、相模原市、厚木市、房総
   半島)を震源域とするマグニチュード8クラスの地震が発生するおそ
   れがあるという地震情報を寄せられた人がいます。地下に溜まった
   エネルギーが分散して出るように、大地の癒しの祈りをお願いしま
   す。
 【解説】
  * この地震情報の根拠は、千葉県南房総市、神奈川県厚木市、静
    岡県沼津市において、空気中のイオン(電気を帯びた粒子)が異常
    に増加していることです。通常のイオン量は3000個/1ccですが
    ここ数ヶ月の価は、50000/1ccと10倍以上に増加しています。
    大地震の前に地下の岩盤が破壊され始めると、岩盤内の放射性
    物質が、断層を伝わって地上の空気中に放出されます。その結果
    この放射性物質(ラドンやラジウム)による放射線により、大気中の
    粒子が分解され、イオンに変化するといわれています。現に、阪神
    淡路大震災の直前、大気中のイオン量が増加したそうです。

7.日本政府は地域を活性化するため有能な人材を登用しつつあります
  が、この傾向に拍車がかかるように祈りましょう。

8. 日本経済が回復するように祈りましょう。   
 【解説】
  * 小泉改革で銀行や企業や郵便局が外国資本に乗っ取られる道が
    大きく開かれてしまいました。日本の金はどんどん外資に収奪され
    ています。郵政民営化で郵便貯金も収奪される危機にさらされまし
    た。ところが、アメリカでサブプライムローン問題が起こって、アメリ
    カ経済も日本経済もダウンしたため、一時的に危機が遠のきまし
    た。しかし、もし日本経済が活性化し回復してきたら郵便貯金はあ
    っという間にごっそり収奪されるであろうと評論家は言っています。
    そうならないように祈りましょう。

9. 先の国会で改悪された国籍法が見直され、改正されるように祈りま
   しょう。

10.裁判員制度が見直され、撤廃されるように。優れた裁判官が養成さ
    れるように祈りましょう。

11.脳死を人の死と認める臓器移植法が撤廃されるように祈りましょう。

12.若者がこの社会を支える力となるために、困窮者への援助だけでな
   く、働く能力や意欲を高め、働く場を提供する政策が打ち出されるよ
   うに祈りましょう。

13.日本の森林や水源地を買収しようとする中国資本の動きが目立ち
   林野庁が一斉調査を始めました。日本の貴重な資源が外資に奪わ
   れないように祈りましょう。

14.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)
 【解説】
  * ユダヤ人とアラブ人とは平和を愛する宗教を奉じているにもかかわ
    らず、互に愛する者を殺したり殺されたりした怨念に囚われている
    ために、容易に和解できないのだと思います。その感情を利用して
    対立する国際勢力が憎しみをあおり立てます。しかし、神様に不可
    能はありません。わたしたちは愛の力が憎しみに優ることを信じて
    祈りたいと思います。
  * 去る7月7日、日本中の有志のとりなし者が0時、3時、6時にイス
    ラエルとバレスチナの地に平和と和解が訪れるように祈りを合わせ
    ました。わたしは午前6時に夢を見ました。それは無数の祈りのビ
    ームが聖地に飛んできてミサイルのように地上に炸裂する夢でし
    た。平和の祈りには物凄い影響力があると教えられたのです。

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 8月号祈りの焦点 >> 会計報告へ