トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 会計報告
会計報告
(2009年2月1日〜2009年3月31日)
収  入
金 額
支  出
金 額
献 金
99,820
交通費
印刷費
資料費
郵送費
事務費
振替手数料
電話料
HP更新料
会場費
委員会費
3,000
3,190
23,393
21,290
3,420
690
9,150
8,000
16,900
0
小 計
99,820
小 計
89,863
前月繰越
181,713
翌月繰越
191,670
国内活動基金 収入
0
国内活動基金 支出
0
前月繰越金
15,700
翌月繰越金
15,700
国際会議参加基金 収入
0
国際会議参加基金 支出
0
前月繰越金
35,474
翌月繰越金
35,474
合  計
332,707
合  計
332,707

【献金者芳名】(順不同)
 相模大野教会(神奈川) 2回 佐藤 節代(神奈川) 1回
 札幌グレイス教会(北海道) 2回 澤田 昭夫(東京) 1回
 東京中央とりなし祈祷会席上献金 2回 梶原 準子(福岡) 1回
 高砂教会(兵庫) 1回 林    実(栃木) 1回

【編集後記】
* とりなしニュースレター6月号をお送りします。今回は「悲劇の慶長遣
  欧使節 支倉常長」を取り上げました。
  前回の「後藤寿庵」について調べたとき、彼が支倉常長と縁戚関係に
  あることを知って、支倉に注目してみることにしました。すると今まで
  漠然と悲劇の人としかわたしの目に映らなかった常長の人物像があ
  らゆる艱難辛苦によって鍛えられた「いくさ人」、成熟した「キリシタン」
  として浮かび上がってきました。遠藤周作さんの「侍」に描かれた弱々
  しい常長の人物像とは対照的です。
* バウティスタ号にはどんな旗が翻っていたのでしょうか?「政宗の船」
  ですから多分「日の丸」が掲げられていたと思います。日の丸は政宗
  の旗印でしたから。すると、船出の時には「君が代」が演奏された?
  (時代錯誤かな)雅楽での演奏が跳びきり素晴らしい君が代。想像は
  想像を呼びます。
* 昔、ヨーロッパで世界の国歌はどの国が素晴らしいかという大会があ
  って、優勝したのが「君が代」だったそうです。音楽的にも世界一のこ
  の歌がもっと、もっと愛されると良いですね。
                           (編集者・ヨハネ皆川尚一記)
【次回日本のとりなし委員会予告】
 日時:2009年7月22日(水)12時 場所:キリスト公会 相模大野教会

トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 会計報告