トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 6月号祈りの焦点
祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ、ご心労の原因が取り除か
   れ、120歳までも若々しく長生きされますように祈りましょう。
 【解説】
  * 去る4月10日に、ご成婚50年を迎えられた天皇・皇后両陛下は、
    ますますお健やかで、5月24日にはオーストリア・ブルガリア・ハン
    ガリー・ルーマニアを歴訪して帰国された秋篠宮両殿下を皇居に
    迎えてその労をねぎらわれました。

2. 麻生内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性
   を確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
 【解説】
  * 国会が与野党の協力で国民生活の安定のための予算を速やかに
    決定し、政策が実行されるように祈りましょう。また、ふさわしい時
    期に総選挙が行われるように。そして政界が再編成され、勢力が
    低下してきている公明党が敗退するように祈りましょう。

3. 今年プロテスタント宣教150周年を迎える日本のキリスト教界に、聖
   霊の火が激しく降って、新しい霊的覚醒がおこり、日本国民1億2千
   7百万人が主の御救いに与りますように祈りましょう。
 【解説】
  * 宣教150周年の様々の記念行事が7月から秋にかけて行われる
    ようです。
    ・記念晩餐会 7月7日(火) グランドプリンスホテル赤坂
    ・記念大会   7月8日(水),9日(木) パシフィコ横浜 
  * しかし、お祭も良いですが、もっと大切なのは日本の伝統的霊性を
    偶像礼拝の一語に集約して、これと対決し、否定する宣教姿勢を
    改めることではないでしょうか。日本にはもっと古代から聖書やキリ
    スト教の影響があったと思われます。
  * 日本では、宗教法人に対する寄付は限られていますが、アメリカの
    ように、もっと自由に寄付行為が出来るように祈りましょう。

4.教育費が無くて子供を学校に行かせられない家庭が増えてきました。
   政府が奨学金制度の改革を初め、日本の教育の在り方を根本的に
   考え直すことが出来るように祈りましょう。
 【解説】
  * 日本の奨学金制度は無償ではなく、卒業後から直ちに返還を義務
    付けられています。このために就職しても低い初任給の中から無
    理して返還せねばないために生活に弾みがつかなくなります。特に
    現代の若者は自立できるだけの収入を得るのに容易ではありませ
    ん。無償供与制度と各人の情況に応じた返還ができる制度を創設
    する必要があるでしょう。

5. 日本政府は地域を活性化するため有能な人材を登用しつつありま
   すが、この傾向に拍車がかかるように祈りましょう。
 【解説】
  * テレビ東京は5月19日午前10時10分からの「ガイアの夜明け」と
    いう番組を放送しました。それは北海道の小樽市役所で町おこしに
    成果を挙げた木村俊昭氏(48歳)を抜擢して、内閣府企画室企画
    課の企画官にしたことです。木村さんはニコニコ顔で、やる気満々
    の人。良く人の言うことを聞き、現場の情況を分析して、前向きの
    解決策を次々と産みだして提案するのです。小樽市では、歴史的
    記念物のライトアップや、漁業の不振で金属・ガラス玉磨きの職人
    がやる気をなくしていたのを忍耐強く励まして、彼らの技術の生か
    される道を開き、自信を取り戻させました。  
    内閣府の企画官になってから、月の半分は全国各地を飛び回っ
    て、価値あるものを発掘し、地域の人々を元気付けています。こう
    いう人材がどんどん登用されるように祈りましょう。

6. 全国各地にある無認可老人施設が厚生労働省の主導で適切な監
   督指導を受けられように祈りましょう。
 【解説】
  * 先日、ある無認可老人施設が火災を起こして何人もの老人が焼け
    死にました。そして、テレビでは悪質な業者による無届け老人ホー
    ムの実態が放映されました。ひと月の食事代が5,600円、一食に
    換算すると200円。トイレの仕切りはなく、プライバシーが守られて
    いない。法律では個室が与えられる定めなのに、無届け、無認可
    の場合、個室はなく、ひとり当たり一畳で、カーテンの仕切りだけ。
    誰かがベッドから落ちても助ける人がいない。このような施設が全
    国に約600箇所ある。こんな業者がはびこるのは、生活保護収入
    と介護保険料のピンハネによって儲かるからです。廃校になった学
    校の校舎とか、空になった公団住宅、企業の寮とか活用できるも
    のを改造して老人ホームとし、個室を作り、看護師、介護士をはい
    ちするなどの積極的な対策をとることが求められます。

7.裁判員制度が見直され、撤廃されるように。優れた裁判官が養成さ
  れるように祈りましょう。

8. 土日高速道路ETC1,000円制度の弊害で、土日に車が集中して
   混雑が起こり、仕事車が停滞して約束の時刻に目的地に到着でき
   ず、違約金、賠償金を取られたり、前日から現地に行く等、商業活動
   に支障をきたしています。この制度が廃止されるように。

9. マスコミの偏向報道が改められるように祈りましょう。
 【解説】
  * NHK総合テレビが4月5日に放映したNHKスペシャルJAPANデ
    ビュー「アジアの"一等国"」の内容が著しく左偏向したものであり、
    日台友好を損なうと、出演した台湾人たちや、日本李登輝友の会
    からNHKに強い抗議が寄せられました。  それは、旧制台北第一
    中学校卒業生に対するインタビューで、日本の台湾統治への感謝
    や良い評価は全く無視され、嫌な経験だけが紹介されるという内容
    でした。 (国民新聞4月25日号「NHKに利用された、騙された」台
    湾の可徳三氏嘆く)

10.北朝鮮が5月25日に二回目の地下核実験を行いました。風下にあ
    る日本には特に大きな脅威です。これ以上核開発が進まないよう
    に。世界から核兵器が廃絶されるように祈りましょう。

11.国連主導の「子供の権利条約」に日本が批准して以来、「子供の権
   利条例」が全国50の自治体で制定されましたが、子供の手前勝手
   な行動を助長する弊害があちこちで報告されています。子供の義務
   を教える教育が厳格に行われるように祈りましょう。

12.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2009年度 >> 6月号祈りの焦点 >> 会計報告へ