トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2008年度 >> 12月号祈りの焦点
祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ120歳までも若々しく長生き
   されますように祈りましょう。
 【解説】
  * 天皇家を呪う悪しき闇の勢力が打ち砕かれるように祈りましょう。

2. 麻生内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性
   を確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
 【解説】
  * クリスチャンである麻生太郎首相がこの難局を立派に乗り切って
    任務を全うするように。また、村山談話、河野談話の継承を打ち切
    る必要があると思います。

3. 2009年に宣教150周年を迎える日本のキリスト教界に、聖霊の火
   が激しく降って、新しい霊的覚醒がおこり、日本国民1億2千7百万
   人が主の御救いに与りますように祈りましょう。
 【解説】
  * クリスマスは日本国民の心が救い主イエス様を受け容れる絶好の
    チャンスです。 この好機を生かして各教会・クリスチャンたちが良
    い働きを展開することができますように。

4. 日本のキリスト教会が家族的な暖かい交わりを保ち、家庭を失って
   孤独な傷ついた人々を包み、癒すオアシスとなるように祈りましょう。
 【解説】
  * 家庭崩壊があちこちで見られるこのごろです。孤独な魂を暖かく
    迎えて、家族的な交わりの中に受け容れる任務がキリスト教会に
    期待されていると思います。

5. キリスト教社会施設の使命が全うされるように祈りましょう。
 【解説】
  * 巻頭のレポートにあるエリザベスサンダースホームは、混血児に
    対する使命を終えて、今は一般の養護施設と同じく、孤児や家庭
    内暴力・貧困・その他の事情から家庭で養えなくなった子供たちの
    養護に努めています。キリスト教養護施設の使命は、人の基本的
    性格が形成される幼い時から神様の御言葉に親しみ、神様に祈る
    ことを身につける養育が出来ることだと思います。
  * 知的障害児施設「滝乃川学園」(最近映画化された「筆子その愛
    ---天使のピアノ」)

6. クリスチャンスクールの本来の使命が全うされるように祈りましょう。
 【解説】
  * クリスチャンスクールは、信仰・希望・愛に基づいて神の子供たちを
    育成する教育施設としての使命を神様から授かっていると思いま
    す。   
  * それにつけても、クリスチャンの教職員が2割程度といわれる現状
    は真に憂うべきものでしょう。左翼的な教師ではなく日本の歴史と
    伝統を尊重する優れたクリスチャン教師が養成される必要がある
    と思います。

7. 後期高齢者医療保険制度が撤廃されて、弱者に対する思いやりの
   ある福祉制度が新しく発足するように祈りましょう。
 【解説】
  * 例によって、公明党の発案で一世帯平均6万円の一時的生活補助
    金を貧富のベツなく全国民に支給するという選挙目当ての法案が
    提出されていますが、このような間に合わせの愚案よりも、後期高
    齢者医療保険制度の枠組みを撤廃して、福祉政策を根本的に立
    て直すことが急務であると考えられます。

8. ケイタイ電話依存から人々が解放されるように祈りましょう。
 【解説】
  * 運転中にケイタイをかけていて検挙された人は、去年119万人に
    達したそうです。  
    自転車で走りながらやっている人を加えたら物凄い数にのぼるで
    しょう。
  * ケイタイ依存が大人から子供までひろがり、ことに3年前から「定額
    制」が始まって一定料金を支払えば掛け放題という制度が生まれ
    てからひどくなっているそうです。ケイタイ依存どころか、ケイタイ中
    毒症ともいうべき現象が起こっています。

9. 北方四島、竹島、尖閣諸島、対馬等の領土保全、および返還問題に
   ついて政府がもっと真剣に取り組み、確実な成果を挙げるように祈り
   ましょう。
 【解説】
  * ロシアのプーチン前大統領は北方4島問題について真剣に取り組
    むとアドバルーンをあげています。本気かどうか分かりませんが、
    日本政府も真剣にやってほしいものです。竹島は韓国にのっとられ
    た状態。尖閣諸島も海底ガス田もシナに乗っ取られた状態。対馬
    も今や日本住民の数の3倍もの韓国人観光客が連日のように訪
    れ、統一協会の手によって、日本名を偽装した韓国人資本による
    土地の買占めが行われています。しかも、これを報道しているのは
    産経新聞、国民新聞だけで、朝日新聞その他の各新聞も、NHKそ
    の他の各テレビも全く報道して来ませんでした。

10.政府が食品その他の安全管理を国家レベルでしっかり取り組むよう
   に祈りましょう。
 【解説】
  * 中国からの食材の不買運動が立ち上げられる必要があるのでは
    ないでしょうか?
  * 米国(モルサント社)からの遺伝子組み換え食品の流入を防止する
    必要もあります。
  * 日本人の食品の偽装についてのモラルが向上するように祈りましょ
    う。
  * 化学物質を多量にふくんだ様々の有害製品を政府が取り締まるよ
    うに。

11.テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・その他のマスコミの背後にあって情報を
   操作する巨大な権力が打ち砕かれるように祈りましょう。
 【解説】
  * 11月20日麻生首相不在の国会で、「国籍法改正法案」という悪法
    がほとんど審議らしい審議をされないままで可決され、参議院に送
    られました。これを報道したのは産経新聞だけです。これは「未婚
    の日本人の父と外国人の母との間に生まれ、出生後に認知された
    子が日本国籍を取得する要件から『婚姻』を外す」というものです。
    これにより国籍を金で売買することが出来、たやすく日本人になれ
    るわけです。

12.各市町村にある医療制度が崩壊しています。大きな町の大きな病
    院に行かなければ診療が受けられなくなってきています。医療制度
    が再建されるように祈りましょう。

13.来年5月から開始が予定されている裁判員制度が、延期され、廃止
   されるように祈りましょう。朝日新聞11月23日号は、「裁判員制度
   はいらない!大運動」という市民団体主宰の300人のデモ行進が東
   京・銀座の大通りで行われたと報じています。

14.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2008年度 >> 12月号祈りの焦点 >> 会計報告へ