トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2008年度 >> 10月号祈りの焦点
祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ120歳までも若々しく長生き
   されますように祈りましょう。
 【解説】
  * 天皇家を呪う悪しき闇の勢力が打ち砕かれるように祈りましょう。

2. 麻生内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性
   を確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように
   祈りましょう。
 【解説】
  * クリスチャンである麻生太郎首相がこの難局を立派に乗り切って
    任務を全うすることが出来るように祈りましょう。
  * 麻生首相は、「強く明るい国をつくる」と明確なヴィジョンを示し、
    全閣僚に対し
    (1) 国民本位の政策、(2)官僚をつかいこなす、(3)省益でなく
    国益に専念するよう指示しました。
  * 選挙管理内閣としての暫定的性格はありますが、選挙に勝って良
    い国造りをしてゆこうとする強い意欲をもっていることは評価できる
    と思います。

3. 2009年に宣教150周年を迎える日本のキリスト教界に、聖霊の火
   が激しく降って、新しい霊的覚醒がおこり、日本国民1億2千7百万
   人が主の御救いに与りますように祈りましょう。
 【解説】
  * 2008年度キリスト教年鑑によれば、日本の総人口にたいする
    キリスト者の比率は、0.891%です。依然として1%以下に過ぎま
    せん。
  * 各教会、聖職者、クリスチャンひとりびとりの霊的覚醒が必要です。
  * また、日本民族総福音化運動、日本のためのとりなし運動、その
    他各種の聖霊による働きが尊く用いられるように祈りましょう。

4. 日本のキリスト教会が家族的な暖かい交わりを保ち、家庭を失って
   孤独な傷ついた人々を包み、癒すオアシスとなるように祈りましょう。
 【解説】
  * 家庭崩壊があちこちで見られるこのごろです。孤独な魂を暖かく
    迎えて、家族的な交わりの中に受け容れる任務がキリスト教会に
    期待されていると思います。

5. キリスト教社会施設の使命が全うされるように祈りましょう。
 【解説】
  * 巻頭のレポートにあるエリザベスサンダースホームは、混血児に
    対する使命を終えて、今は一般の養護施設と同じく、孤児や家庭
    内暴力・貧困・その他の事情から家庭で養えなくなった子供たちの
    養護に努めています。キリスト教養護施設の使命は、人の基本的
    性格が形成される幼い時から神様の御言葉に親しみ、神様に祈る
    ことを身につける養育が出来ることだと思います。
  * 知的障害児施設「滝乃川学園」(最近映画化された「筆子その愛
    ---天使のピアノ」)

6. クリスチャンスクールの本来の使命が全うされるように祈りましょう。
 【解説】
  * クリスチャンスクールは、信仰・希望・愛に基づいて神の子供たちを
    育成する教育施設としての使命を神様から授かっていると思いま
    す。   
  * 聖ステパノ学園はその良い実例でありましょう。

7. 後期高齢者医療保険制度が撤廃されて、弱者に対する思いやりの
   ある福祉制度が新しく発足するように祈りましょう。
 【解説】
  * 麻生首相は9月23日の公明党の太田代表との会談で、「4月に
    導入された後期高齢者医療制度について、法律に規定された5年
    後の見直しを前倒しして、より良い制度に改善する」ということで合
    意しました。

8. 灯火親しむ秋を迎え、子供から大人に至るまで美しい日本語に親し
   むことが出来るように祈りましょう。
 【解説】
  * 文芸春秋はSPECIAL季刊秋号「素晴らしき日本語の世界」を発行
    しました。これは実にタイムリーな企画であると思われます。古典
    から現代の若者言葉にいたるまで、どのように美しい日本語に親し
    むことが出来るか、100人の筆者の文章にも深い味わいがありま
    す。

9. 北朝鮮による拉致被害者の救出のために、政府が積極的な姿勢を
   打ち出すように祈りましょう。
 【解説】
  * 麻生内閣は拉致問題担当大臣のポストを外しましたが、施政方針
    演説において北朝鮮対策を取り上げ、「朝鮮半島の安定化を考え
    ながら、拉致、核、ミサイル問題を包括的に解決し、不幸な過去を
    清算し、日朝国交正常化を図るべく、北朝鮮側の行動をもとめて
    まいります。すべての拉致被害者の一刻も早い帰国の実現を図り
    ます」と述べています。
  * 北朝鮮の金正日独裁体制は崩壊の兆しが見えてきました。しかし、
    韓国の力が南北統一を作り出すのには弱い現状では、北朝鮮は
    中国の支配下におかれる可能性があると思われます。そうすると
    拉致被害者救出はどうなるのか、まだ先が見えません。

10.日本政府が食品の安全管理を国家レベルでしっかり取り組むように
    祈りましょう。
 【解説】
  * 中国からの食材の不買運動が立ち上げられる必要があるのでは
    ないでしょうか?
  * 米国(モルサント社)からの遺伝子組み換え食品の流入を防止する
    必要もあります。
  * 日本人の食品の偽装についてのモラルが向上するように祈りましょ
    う。

11. テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・その他のマスコミの背後にあって情報を
   操作する巨大な権力が打ち砕かれるように祈りましょう。麻生氏を
   おとしめ、小沢氏を礼賛する大合唱の裏にあるものに国民が気づく
   ように祈りましょう。

12.各市町村にある医療制度が崩壊しています。大きな町の大きな病
    院に行かなければ診療が受けられなくなってきています。医療制度
   が再建されるように祈りましょう。

13.来年5月から開始が予定されている裁判員制度が、延期され、廃止
   されるように祈りましょう。このために日本の各都道府県、市町村等
   の議会や弁護士会が、「裁判員制度廃止」の決議をするように祈り
   ましょう。

14.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2008年度 >> 10月号祈りの焦点 >> 会計報告へ