トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2008年度 >> 会計報告
会計報告
(2008年4月1日〜5月31日)
収  入
金 額
支  出
金 額
献 金
68,000
交通費
印刷費
資料費
郵送費
事務費
振替手数料
電話料
HP更新料
会場費
委員会費
3,000
2,990
9,794
22,920
1,160
120
8,580
0
15,700
3,500
小 計
68,000
小 計
67,764
前月繰越
166,982
翌月繰越
167,218
国内活動基金 収入
0
国内活動基金 支出
0
前月繰越金
15,700
翌月繰越金
15,700
国際会議参加基金 収入
0
国際会議参加基金 支出
0
前月繰越金
35,474
翌月繰越金
35,474
合  計
286,156
合  計
286,156

【献金者芳名】(順不同)
 相模大野教会(神奈川) 2回    
 札幌グレイス教会(北海道) 2回    
 東京中央とりなし祈祷会席上献金 2回    
 辻井 圭三(千葉) 1回    

【編集後記】
* 2008年8月号ニュースレターを お送りします。巻頭は「謙虚な殉国
  の将軍 山下奉文」です。8月には終戦記念日がありますので、山下
  奉文将軍をとりあげました。
* 文芸春秋SPECIAL2008年季刊夏号の「日本人へ 私が伝え残した
  いこと」 は良い企画だったと思います。 その中で心に留まったのは、
  関川夏央氏の 「『ながい旅 』 の岡田資(たすく)中将と大岡昇平」でし
  た。「明日への遺言」という映画にもなった指揮官の話です。東海軍
  司令官であった岡田資中将は無差別爆撃を行って名古屋にパラシュ
  ート降下したB29爆撃機の乗員27名を処刑した罪でB級戦犯として
  起訴されました。
* 今一つ、鈴木孝夫氏の「いまこそ人類は 総退却すべきときだ」も説得
  力のある提 言であると思います。人にはどれだけの 物が必要かを
  考えさせられます。
* 日本のためのとりなしニュースレターの英訳者を募集致しますので、
  相応しい方のご応募、またはご推薦をお願い致します。         
                          (編集者・ヨハネ皆川尚一記)
【次回日本のとりなし委員会予告】
 日時:2008年9月17日(水)12時 場所:キリスト公会 相模大野教会

トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2008年度 >> 会計報告