トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2007年度 >> 10月号祈りの焦点
祈りの焦点
1. 天皇・皇后両陛下のご健康が強められ120歳までも若々しく長生き
   されますように祈りましょう。

2. ドロドロの政変劇の結果、安倍首相が辞任し、自民党の総裁選挙を
   経て福田康夫氏が首相になりました。国の政治の舵取りを誤らない
   ように祈りましょう。
 【解説】
  * 二橋(にのはし)官房副長官は、女系天皇容認の方向で皇室典範
    改正を検討すると発表!これは福田首相の挙げたアドバルーンと
    思われる。

3. 公務員の就職試験再チャレンジ制が拡大されつつあるので、更に
   拡大するように祈りましょう。
 【解説】
  * 公務員の年齢層を見ると、40代がスポッと抜けている状態です。
    これは各企業でも同様です。この年齢層の人々が就職できるよう
    に、再チャレンジの枠が拡大されるのが望ましいと思われます。

4. 世界に誇る日本の匠(たくみ)の伝統が日本の各企業で生かされる
   ように祈りましょう。
 【解説】
  * 日本の町工場で造っている部品が宇宙ロケットの弾頭に採用され
    ています。また、先日の中越沖地震の時に、柏崎市の自動車のピ
    ストン・リングを造っていた工場が被害を受けて生産中止となり、
    これによって生産中止に追い込まれた日本中の自動車会社が応
    援社員を送って柏崎の工場を助けました。また、トヨタは江戸時代
    から伝わるからくりの技術を応用して物を運ぶ電力を省略し、年に
    数十億円を浮かしたそうです。トヨタは1万人の技術陣を擁してい
    ます。文具のコクヨも徹底したお客様本位のやりかたで伝統を守っ
    ています。

5. 教育基本法改正によって、公教育の中で宗教教育を行わなければ
   ならなくなったのは神の御心にかなうこととして感謝しましょう。

6. 保護者が自分の責任を自覚するように祈りましょう。
 【解説】
  * 保護者で問題を起こすのは概して30代のヤングママだと言われ
    ます。学級担任とぶつかる、学童保育の先生とぶつかる、自分の
    出来ない事を他人のせいにする、先生が悪い、他の保護者が悪い
    社会が悪い、分かれた夫のDNAが悪い、だから自分だけが頑張
    ってもダメだ、と躁鬱症になる人が多いようです。こういう人たちに
    はNPO子育てサポートというのが相談に乗ってくれるでしょう。

7. 北朝鮮に拉致された人々が速やかに本国に帰還できるように
   祈りましょう。
 【解説】
  * 六カ国協議というまやかしの茶番劇によって拉致問題は完全に
    棚上げ状態です。日本の被害者家族たちはだんだんに年取って
    来ました。安倍政権に期待をかけた人々は新登場の福田親朝中
    政権に失望の色を隠せません。それでも尚、わたしたちはめげる
    ことなく、百名以上の拉致被害者や、だまされて北朝鮮に渡った
    数十万人の帰国希望者が帰還できるように祈りたいと思います。
  * また、アメリカが卑劣な国際外交取引により、北朝鮮を犯罪国家と
    するレッテルを取り消すことがないように祈りましょう。

8. グローバルスタンダード政策が日本から排除されるように、また、
   個人投資家に集中・蓄積された富が社会に還元されてバランスの
   とれた社会になるように、そのためにも公益のための寄付金が無税
   となるように祈りましょう。

9. 日本が原子力エネルギーに頼る政策を転換して、もっと安全で
   クリーンなエネルギー政策を採用するように祈りましょう。
  * 太陽光、風力、水力、火力(石炭・ガス・石油)、地熱。
    (レポート参照)

10.中国からの輸入品がまともなものになるように、またそれらを国産品
   に偽装して市場に売り出す業者が悔い改めるように祈りましょう。

11. 頻々とテロ活動をする不良外国人犯罪者取締りが強化されるように
    祈りましょう。
 【解説】
  * これまで日本国内において交通・通信・原子力機関等にテロと思わ
    れる障碍事件が頻々と起こって来ました。しかし、公安も、警察も、
    マスコミも偶発的な事故として扱うだけで、その真相を国民に報道
    していません。日本は無防備状態におかれていると思われます。

12.財団法人インターネット協会が昨年6月に開設したインターネット・
   ホットラインセンターが、わいせつ画像・児童ポルノ・規制薬物・他人
   名義の口座の売買情報に加え、新たに動物虐待画像・人間の死体
   画像・ワンクリック詐欺サイトについても、削除要請をすることになり
   ました。センターの働きが適切に機能するように祈りましょう。

13.テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・その他のマスコミの背後にあって情報を
   操作する巨大な権力が打ち砕かれるように祈りましょう。

14.山口県光市の母子殺害事件再審裁判が公正に行われるように祈り
   ましょう。
 【解説】
  * 1999年4月に山口県光市で、当時18才の元少年(26)が主婦
    (当時23)と長女(11か月)を殺害したとされる事件で、一、二審は
    無期懲役としましたが、最高裁は昨年10月「特に酌むべき事情が
    ない限り、死刑を選択するほかない」として二審判決を破棄、広島
    高裁に差し戻しました。一、二審の弁護人は起訴事実を争いませ
    んでしたが、上告審の途中からついた死刑廃止論の弁護士団22
    名は、被告との面会の結果、殺意や強姦目的を否認、「被害者を
    黙らせようと思ってあごを押さえたが、手が首にずれた」「強姦は
    死者復活の儀式だった」などと主張し、「精神的に未発達の少年が
    もたらした偶発的な事件」として死刑回避を求めています。
  * これに対し、タレント活動で有名な橋下徹(はしもと とおる)弁護士
    が、22名の弁護団の懲戒処分請求をテレビで呼びかけ、当該
    弁護団が橋下氏を提訴する騒ぎになっています。

15.裁判員制度を廃止する運動が始まりました。これが成功するように
   祈りましょう。
 【解説】
  * 裁判員制度廃止運動は弁護士会から始まりました。詳細は調査中
    ですが、国民の中に多くの廃止運動支持者がいることは確実の
    ようです。

16.イスラエルとパレスチナの平和のために祈りましょう。(詩篇122篇)

トップ >> 日本のためのとりなし >> 2007年度 >> 10月号祈りの焦点 >> 会計報告へ