トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2007年度 >> 会計報告
会計報告
(2007年4月1日〜5月31日)
収  入
金 額
支  出
金 額
献 金
57,000
交通費
印刷費
資料費
郵送費
事務費
振替手数料
電話料
HP更新料
会場費
委員会費
3,000
2,590
26,460
31,880
4,240
210
7,162
11,000
17,400
3,500
小 計
57,000
小 計
107,442
前月繰越
335,699
翌月繰越
285,257
国内活動基金 収入
0
国内活動基金 支出
0
前月繰越金
15,700
翌月繰越金
15,700
国際会議参加基金 収入
0
国際会議参加基金 支出
0
前月繰越金
35,474
翌月繰越金
35,474
合  計
443,873
合  計
443,873

【献金者芳名】(順不同)
 相模大野教会(神奈川) 2回 佐藤節代(神奈川) 1回
 札幌グレイス教会(北海道) 2回 高砂教会(兵庫) 1回
 東京中央とりなし祈祷会席上献金 2回    

【編集後記】
* 2007年8月号ニュースレターをお送りします。今回は編集者が過去
  に東京中央とりなし祈祷会で語ったメッセージ2篇を掲載しました。
* フジTVが街頭で100人の通行人に安倍首相が政権を続行すべき
  か、それとも引退すべきかを質問した所、
    続行すべし  45人
    引退すべし  55人
  でした。
* 「辞任に価する審判」(朝日新聞)
  「民意は安倍政治を否定」(毎日)
  「『私の内閣』存立難しく」(東京)
  と各紙は退陣要求、または衆院解散を迫りました。しかし、安倍首相
  は選挙中から、「どんな結果になっても辞任は考えない」と言っていま
  したし、心ない人々はそれを嘲笑していました。
* 「どんな事態に直面しても『それにもかかわらず!』と言い切る自信の
  ある人間。そういう人間だけが政治への『天職』を持つ」(マックス・
  ウェーバー)。
                           (編集者・ヨハネ皆川尚一記)

【次回日本のとりなし委員会予告】
 日時:2007年9月19日(水)12時 場所:キリスト公会 相模大野教会

トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2007年度 >> 会計報告