トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2007年度 >> 会計報告
会計報告
(2006年12月1日〜2007年1月30日)
収  入
金 額
支  出
金 額
献 金
45,000
交通費
印刷費
資料費
郵送費
事務費
振替手数料
電話料
会場費
委員会費
5,204
2,590
14,800
26,390
3,672
300
7,680
15,100
0
小 計
45,000
小 計
75,736
前月繰越
358,974
翌月繰越
328,238
国内活動基金 収入
0
国内活動基金 支出
0
前月繰越金
15,700
翌月繰越金
15,700
国際会議参加基金 収入
0
国際会議参加基金 支出
0
前月繰越金
35,474
翌月繰越金
35,474
合  計
455,148
合  計
455,148

【献金者芳名】(順不同)
 相模大野教会(神奈川) 2回 白幡陽子(北海道) 1回
 札幌グレイス教会(北海道) 2回 佐藤節代(神奈川) 1回
 林  実(栃木) 1回 人見洋子(神奈川) 1回
 東京中央とりなし祈祷会席上献金 2回    

【編集後記】
* 2007年4月号ニュースレターをお送りします。今回のトップレポート
  は、日本のためのとりなし運動の協力者のひとりである澤田昭夫教
  授の「カトリック教会の左傾化」です。これを4月号と6月号の2回に
  分けて連載する予定であります。
* このレポートの中には、カトリックだけでなくプロテスタントも戦後早々
  と右傾から一転、大きく左傾化したことが取り上げられています。
* また、このレポートにより、ゴルバチョフのペレストロイカによって崩壊
  したかに見える共産主義が、実は新左翼運動、環境運動、グローバ
  リズムの形を借りて地球規模で拡大しつつあることがわかります。
  桑原、桑原。  
* 日本共産党は平和憲法を守ろうとする宗教者たちに働きかけて 
  「九条の会」を造り、キリスト教、神道、仏教から九条の会に入会した
  人々を共産党への支持者として組織しているようです。桑原、桑原。
                           (編集者・ヨハネ皆川尚一記)
【次回日本のとりなし委員会予告】
 日時:2007年5月14日(月)12時 場所:キリスト公会 相模大野教会

トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2007年度 >> 会計報告