トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2000年度バックナンバー >> 祈りの焦点
2000年11月号 祈りの焦点
(1)継続的課題
1)日本の政治を支配しようとする創価学会(池田大作)の野望が
打ち砕かれるように。また、池田大作が主の御前に悔い改めて救われるように。官僚機構の中に巣喰う創価学会信者たちがキリストを信じて
救われるように祈りましょう。
〔解説〕
* "お笑い「創価学会」−信じる者は救われない−"
佐高信、テリー伊藤共著は、一読の価値がある本だと思われます。
笑わせながら創価学会の本質を巧みに突いています。

2)天皇陛下が主イエス・キリストに在って救われ、大いに祝福され、
その祝福が遍く日本国民の上に及びますように。また、天皇陛下が
世界の諸国民の中にあって、祝福の基として用いられますように。
そして、国民が天皇陛下を先達として理解し、尊敬して、国際平和の
ためにつくすように祈りましょう。
〔解説〕
*テレビ、ラジオ、新聞などのマスコミが天皇・皇后両陛下をはじめ
皇族方に対する敬語をふわさしく用いるように模範となってほしいと思います。日本国の象徴をはずかしめることはとりもなおさず自分自身をはずかしめることです。

3)互いに批判し合い、反目し合ってきたキリスト教会とユダヤ人、
カトリック、プロテスタント、そしてペンテコステ、および各教派・各教会の間に、悔い改めと和解が起るように。

4)マルコーシュ・ミッションの働きが進展するように。また、リバイバル
新聞社発行のリバイバル新聞の購読部数が2600部から更に5000部へと増えるように。

5)TV・ラジオ・新聞・雑誌関係者たちがおごりと偏った報道や人権無視の取材を止め、神を畏れたフェアーな在り方をするように。これらに気付いた人が抗議や訂正の声をあげ、日本の見張り人の役を果たすように。
〔解説〕
*雪印乳業の黄色ぶどう状球菌混入事件におけるマスコミの報道姿勢は極めて過激で、初め大阪工場のバルブの汚染とされ、結局は北海道大樹工場が汚染源であったことが分かりましたが、更に雪印が外国資本に乗っ取られたことで元凶が判明しました。 6)日本に亡国の危機を
もたらす少子化傾向がくいとめられ、神の御心にかなった増子化対策が
社会全体の祝福によって実施されるように祈りましょう。
「神は彼らを祝福して言われた、
《生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ》」(創世記1:28)。

7)文部省が平成14年(AD2002年)に実施を目指す教育改革案には
青少年の著しい学力低下その他の危険が内蔵されているように
思われるので、国民全体の批判を受けて、内容が改善されて行くように祈りましょう。
〔解説〕
*全国から様々の批判をうけて、文部省は改革された教育制度が
適切であるかどうかを検討するため、3年ごとに検査を実施することに
した由です。

(2)時宜的(タイムリーな)課題
1)森内閣が神を畏れ、日本の進路を誤ることなく、日本国の独立性を
確保すると同時に、国際平和に貢献できるような政治を行うように
祈りましょう。

2) 日本に大いなる悔い改めのリバイバルが起こるように祈りましょう。
〔解説〕
* 「主ヤーウェかく言い給う。わが民よ我なんじらの墓を開き、
なんじらをその墓よりいできたらしめてイスラエルの地に至らしむべし。
わが民よ〜その時なんじらは我のヤーウェなるを知らん。
我わが霊を汝らの中におきてなんじらを生かしめなんじらを
その地に安んぜしめん」(エゼキエル37:12〜14)。

3) 日本キリスト教団の中に結成された「聖霊刷新協議会」(代表 手束正昭牧師)が、教団内にカリスマ運動に対する健全な理解を深め、聖霊の御業の大いなる進展に用いられますように。
〔解説〕
* 来年の7月高砂教会で行われる聖霊刷新協議会の全国大会に台湾の聖霊刷新協議会代表として高俊明牧師が来日されるとのことです。

4) 日本のとりなしのために強い使命感を与えられている人が、
あと1名委員の中に加えられるように。

5)家庭内暴力と殺人が増えているようです。
父親や母親が子供を殺す事件が続発しています。
日本の家庭の中にイエス・キリストの救いが迎え入れられるように。

6)臓器移植法が廃止されるように。
〔解説〕
* 子供の臓器移植ができるように法律を変えようという動きが臓器移植に携わる医師や子供の患者を持つ親たちから出てきています。このような運動が失敗におわるように。

7)高齢者の自助努力を励ます福祉政策が政府によって打ち出されるように。また、高齢者の活動が教会から起こされるように。

8)度重なる凶悪犯罪の背後に働くサタンの勢力が打ち砕かれるように。また、家庭用ゲーム機(ファミコン)がクリスチェンホームから
一掃されるように。
〔解説〕
*前号の解説文の通り、日本のメーカーがその危険性を知らずに製造販売している家庭用ゲーム機(ファミコン)がNASAなどの人工衛星から送られてくる電波に反応して666の数字に自動的に変えるようになって
おり、この魔の波動が子供たちの心に「殺せ、殺せ、殺せ」という悪魔の声を送り込むということです。(月刊「ムー」9月号「17歳の凶悪犯罪の
深層 悪魔が"殺せ"とささやいた」P182〜183参照)

9)日本の自衛隊が腐敗から清められるように。
〔解説〕
* 自衛隊の三等陸佐がロシアの日本駐在武官に軍の機密を売ったという驚くべき事件が発生しました。これは一軍人の腐敗にとどまらず、
全自衛隊を根本から再編成し、日本防衛構想を再構築しなければ
ならないような大事件です。

10)日本経済が早く不景気から脱出して健全で堅実なものに
生まれ変わって行くように。

11)インドネシアにおけるイスラム教のキリスト教に対する
ジハード(聖戦)が速やかに撤回され、キリスト教徒に対する
軍事的な攻撃が中止されるように。

トップページ >> 日本のためのとりなし >> 2000年度バックナンバー >> 祈りの焦点