トップページ >> トピック >> 主の祈りの解説

 「[しゅ][いの]」りの解説[かいせつ]
                              [みな] [がわ] [ひさ] [かず]
         【[ちゅう][あお]太字[ふとじ]本文[ほんぶん][あか][] はその意味[いみ]です。

(1)「[てん]にまします」
     [てん]においでになる」

[ちゅう]】「[てん]」とは、あの大空[おおぞら][うえ]よりも[たか]い、[たか]い、この宇宙[うちゅう][]えた、
もっと、もっと[たか][ところ]です。神様[かみさま]はなにものよりも[たか][てん]においでになる[たっと]いお[かた]です。それゆえ、お[いの]りをする[とき][てん]見上[みあ]げて[いの]るのが[]いでしょう。

(2)「[われ]らの[ちち]よ」
     「わたしたちのお父様[とうさま]

[ちゅう]】その[たっと]神様[かみさま]が、[わたし]たちのお父様[とうさま]なのです。[かみ]のひとり[]イエス[さま]は、神様[かみさま]を「お[とう]さん(アバ)」と[]んで[いの]られました。そして[わたし]たちにも、「お[とう]さん」と[]びかけて[いの]りなさいと[おし]えて[くだ]さいました(ルカ福音書[ふくいんしょ]11[しょう][せつ])。「お[とう]さん」、「お父様[とうさま]」、「パパ」と[]んで[いの]ると[たか][ところ]にいる神様[かみさま][]ぐそばにいて、お[いの]りを[]いて下さいます。[てん]のお父様[とうさま]
天上[てんじょう]にあり地上[ちじょう]にあって、『[ちち]』と[]ばれているあらゆるものの[みなもと]なる[ちち]」です(エペソ3[しょう]14[せつ])。

(3)「ねがわくは」
     「どうか」

(4)「み[]をあがめさせたまえ」
     「わたしにあなたのお名前[なまえ]をあがめさせて[くだ]さい。      
     そして、[][なか][ひと]みんながあなたをあがめますように 」


[ちゅう]】「あがめる」とは、尊敬[そんけい]し、礼拝[れいはい]し、讃美[さんび]し、お[いの]りし、神様[かみさま]のおことばに[したが]うことです。しかし、この[][なか]には神様[かみさま]をあがめない[ひと]たちが沢山[たくさん]いて、神様[かみさま]馬鹿[ばか]にして自分勝手[じぶんかって][]きています。それゆえ、[わたし]たちは、[]神様[かみさま]をあがめ、[][なか][ひと]みんなが神様[かみさま]をあがめて[すく]われるようにと[いの]るのです。

(5)「み[くに][]たらせたまえ」
     「あなたの[くに][]させて[くだ]さい。世界[せかい]も、宇宙[うちゅう]も、ぜんぶが
     神様[かみさま][くに]となり、悪魔[あくま][つみ]もどんな[わる]いことも、すべてなく
     なりますように」


[ちゅう][かみ][くに][かみ]統治[とうち]する世界[せかい]ですから、[かみ][つく]られた世界[せかい]はことごとく[かみ][くに]であります。しかし、この[]悪魔[あくま]悪霊[あくれい]たちとそれに[したが]不信仰[ふしんこう][ひと]たちによって、[けが]され、[かみ][さか]らう[つみ][]になっています。それゆえ神様[かみさま][わる][もの]たちを[ほろ]ぼして、[つみ][ぬぐ][]り、[かみ][くに][]させる[こと]約束[やくそく]されました。それで、[わたし]たちは「み[くに][]たらせたまえ」と[いの]るのです。やがて、[しゅ]イエス[さま][てん]からくだって[]て、この[]悪魔[あくま]とを[さば]き、[かみ][くに][][]てられます。

(6)「み[こころ][てん][]るごとく、[]にもなさせたまえ」
     神様[かみさま]御心[みこころ][てん][おこな]われているように、[]でもさまたげ
     なく[おこな]われますように」


[ちゅう][つみ][][]わりが[]るまでの[あいだ][あく]がはびこるこの[][なか]でも、天国[てんごく][おな]じように神様[かみさま]御心[みこころ]がさまたげなく[おこな]われるようにと[いの]るのです。神様[かみさま][ぜん][あく]もすべてを[もち]いて[]御心[みこころ][]るようにと、この[]統治[とうち]しておいでになるからです。

(7)「[われ]らの日用[にちよう][かて]今日[きょう][あた]えたまえ」
     「わたしたちの毎日[まいにち][][もの]今日[きょう]もお[あた][くだ]さい」

[ちゅう][てん]のお父様[とうさま][わたし]たちの毎日[まいにち][][もの]心配[しんぱい]もして[くだ]さいます。
[はん]や、パンや、おやつのこともです。それゆえ[わたし]たちは食事[しょくじ]のときに神様[かみさま]感謝[かんしゃ]のお[いの]りをします。健康[けんこう]であり、[はたら]仕事[しごと]があることも、[ひと][ちから]だけではなく、神様[かみさま][めぐ]みの[ちから]によるのです。[こま]っても、[こま]らなくても、神様[かみさま]感謝[かんしゃ]して[]きる[ひと]祝福[しゅくふく]されます。

(8)「われらに[つみ][おか][もの]をわれらがゆるすごとく、
   われらの[つみ]をもゆるしたまえ 」

     「わたしたちが、自分[じぶん][たい]して[つみ][おか]した[ひと]をゆるすように、
     わたしたちの[つみ]をもおゆるし[くだ]さい」


[ちゅう]】イエス[さま]は「あなたがたは自分[じぶん][つみ]をゆるして[くだ]さいと神様[かみさま][いの][まえ]に、まず自分[じぶん][たい]して[つみ][おか]した[ひと]をゆるしてやりなさい」と[おし]えられました(マタイ福音書[ふくいんしょ][しょう]23[せつ])。

(9)「[われ]らを[こころ]みにあわせず、[あく]より[すく][]したまえ」
     「わたしたちを[わる]誘惑[ゆうわく]や、つらい試練[しれん]にあわせず、お[まも]
     [くだ]さい。また、悪魔[あくま]のわなから[すく][]して[くだ]さい」


[ちゅう]人間[にんげん][よわ][もの]ですから、[つよ]がっていても[さけ]麻薬[まやく][][ごと]情欲[じょうよく][など]誘惑[ゆうわく][]けやすい[もの]です。また、[つら]試練[しれん](病気[びょうき]事故[じこ]暴力[ぼうりょく]殺人[さつじん]失業[しつぎょう]貧乏[びんぼう][など])に[]けて絶望[ぜつぼう]したり、自殺[じさつ]したりする[ひと]もいます。悪魔[あくま]はこのような「[こころ]み」を[もち]いて人間[にんげん][ほろ]ぼそうとします。神様[かみさま]がこのような悪魔[あくま]悪巧[わるだく]みに出会[であ]わないで[]むように、「[わたし]たちを[まも]って[くだ]さい」と
[いの]るのです。
また、もし悪魔[あくま]のわなに[とら]われてしまったならば、「悪魔[あくま]のわなから[すく][]して[くだ]さい」と[いの]るのです。
たとい、どのような悪魔[あくま][こころ]みに出会[であ]っても、わたしたちは神様[かみさま]にお[いの]りして[]くならば、[あく][ちから][][]って、たくましい[かみ][]成長[せいちょう]して[]くことが出来[でき]ます。

参考[さんこうく]聖句[せいく]
[かみ]は、[かみ][あい]する[もの]たち、すなわち、ご計画[けいかく][したが]って[]された[もの]たちと[とも][はたら]いて、万事[ばんじ][えき]として[くだ]さる」(ローマ8[しょう]28[せつ])。
患難[かんなん]忍耐[にんたい][][]し、忍耐[にんたい]練達[れんたつ][][]し、練達[れんたつ]希望[きぼう][][]す」(ローマ5[しょう][せつ])。
「あなたがたの[]った試練[しれん]で、[][つね]でないものはない。[かみ]真実[しんじつ]である。あなたがたを[]えられないような試練[しれん][]わせることはないばかりか、試練[しれん]同時[どうじ]に、それに[]えられるように、のがれる[みち][そな]えて[くだ]さるのである」(第一[だいいち]コリント10[しょう]13[せつ])。

(10)「[くに][ちから][さか]えとは、[かぎ]りなくなんじのものなれば
    なり」

     世界[せかい]も、これを[おさ]める[ちから]も、栄光[えいこう]も、[かぎ]りなくあなたのもの
     だからです」


[ちゅう]人間[にんげん][ちから]栄光[えいこう]は、[かぎ]りあるもので、やがてあぶくのように[]えてしまいます。しかし、全知全能[ぜんちぜんのう]神様[かみさま]栄光[えいこう][ちから]とは[かぎ]りなく[つづ]きます。[わたし]たちはこの偉大[いだい]なる神様[かみさま]をあがめて、[まった]信頼[しんらい]をささげましょう。

(11)「アーメン」
     本当[ほんとう]にそうです」

トップページ >> トピック >> 主の祈りの解説