トップページ >> 説教 >> 第一テモテ >> (21)
                                        2015/09/20の礼拝説教
  信仰の戦い

   第一テモテ6:11〜16               皆川尚一牧師
 永遠のいのちを  しかし、神の人よ。あなたはこれらの事を避けなさい。そして、義と信心と信仰と愛と忍耐と柔和とを追い求めなさい。信仰の戦いをりっぱに戦いぬいて、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたは、そのために召され、多くの証人の前で、りっぱなあかしをしたのである。わたしはすべてのものを生かして下さる神のみまえと、またポンテオ・ピラトの面前でりっぱなあかしをなさったキリスト・イエスのみまえで、あなたに命じる。わたしたちの主イエス・キリストの出現まで、その戒めを汚すことがなく、また、それを非難のないように守りなさい。時がくれば、祝福に満ちた、ただひとりの力あるかた、もろもろの王の王、もろもろの主の主が、キリストを出現させて下さるであろう。神はただひとり不死を保ち、近づきがたい光の中に住み、人間の中でだれも見た者がなく、見ることもできないかたである。ほまれと永遠の支配とが神にあるように、アァメン(第一テモテ6:11〜16)。

神の人よ

 使徒パウロは信仰の戦いにテモテを送り出すに当たり、素晴らしい励ましの言葉を与えました。62歳のパウロが、30歳の弟子テモテに、「神の人よ」と呼びかけています。「神の人」とは偉大な称号です。それは旧約聖書の中に記された偉大な称号の一つです。先ず、それは預言者モーセに与えられました。《申命記33:1》「神の人モーセは死ぬ前にイスラエルの人々を祝福した」。又、詩篇第90篇の題には「神の人モーセの祈り」とあります。また、預言者サムエルも神の人と呼ばれました(サムエル上9:6)。また、祭司エリの許に来た無名の預言者も神の人と呼ばれています(サムエル上2:27)。神の人とは神ご自身に代わって神の言を宣言するために召された人を意味するのです。年が若いとか、年とってよぼよぼしているとか、日本や外国の有名な神学校を卒業したとか、男とか女とか子供とかいうことは、全く関係ありません。神に召された人は、ただ神の言葉を語らねばならない。それが信仰の戦いです。
 
永遠のいのちを追求せよ
 次に大切なのは、永遠のいのちの追求です《第11節後半〜12節》>
 「そして、義と信心と信仰と愛と忍耐と柔和とを追い求めなさい。信仰の戦いをりっぱに戦いぬいて、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたは、そのために召され、多くの証人の前で、りっぱなあかしをしたのである」(11節後半〜12節)。
 パウロが永遠のいのちと言っているのは、ただ死なないで永遠に生きることではありません。いのちの内容が、義と信仰と愛と忍耐と柔和なのです。それき皆イエス・キリストの中に満ち満ちていた徳であり、生命そのものだからです。キリストを信じて罪を赦され、神の愛で満たされ、あらゆる苦難を耐え忍び、柔和な心で人の罪を赦す。これらの徳はキリストを信じて神のふところに抱かれた人の特徴であり、永遠のいのちそのものなのです。しかし、この世にある限り、このいのちを奪おうとする悪魔・サタンの攻撃や誘惑を絶えず受けて、失われる恐れがあります。ですから、得たと思って油断してはなりません。毎日、昼も夜も絶えず永遠のいのちを追求する必要があります。パウロ自身もしていることです(ピリピ3:9〜14)。
 パウロはテモテが良く戦って、立派な証しをしたことを称賛しています。
また、それだけでなく、ポンテォ・ビラトの前で立派な証しを立てられた主イエス・キリスト様を仰ぎ見て頑張るようにと励ましています。苦難と死はただのトンネンであって、その向こうには天国があるからです。

キリストの出現を信ず
 最後に、《14節〜16節》を見て下さい。
 「あなたに命じる。わたしたちの主イエス・キリストの出現まで、その戒めを汚すことがなく、また、それを非難のないように守りなさい。時がくれば、祝福に満ちた、ただひとりの力あるかた、もろもろの王の王、もろもろの主の主が、キリストを出現させて下さるであろう。神はただひとり不死を保ち、近づきがたい光の中に住み、人間の中でだれも見た者がなく、見ることもできないかたである。ほまれと永遠の支配とが神にあるように、アァメン」(14節〜16節)。
 わたしたちが励まされるのは、復活・昇天されたイエス・キリスト様が天から現れて、「よくやった、愛するしもべよ」と迎えて下さることを信ずるからです。イエス様は生きている。われわれより先に天国に行った人たちもみな生きている。彼らはみな栄光に包まれた父なる神様の光に包まれてわたしたちを出迎えてくれるのです。どうか、このことを夢見て信仰の戦いをたゆまず戦って勝利しようではありませんか。アーメン
次回予告 15.09.27 金持の心得(第一テモテ6:17〜21)


トップページ >> 説教 >>第一テモテ >> (21) >> (22)へ進む