トップページ >> 説教 >> 出エジプト >> (52)
                                            2013/1/20の礼拝説教
主と共に歩む

出エジプト34:5〜9
使徒18:9〜11
マタイ28:16〜20               皆川尚一牧師
  ときに主は雲の中にあって下り、彼と共にそこに立って主の名を宣べられた。主は彼の前を過ぎて宣べられた。「主、主、あわれみあり、恵みあり、怒ることおそく、いつくしみと、まこととの豊かなる神、いつくしみを千代までも施し、悪と、とがと、罪とをゆるす者、しかし、罰すべき者をば決してゆるさず、父の罪を子に報い、子の子に報いて、三、四代におよぼす者」。モーセは急ぎ地に伏して拝し、そして言った、「ああ主よ、わたしがもし、あなたの前に恵みを得ますならば、かたくなな民ですけれども、どうか主がわたしたちのうちにあって一緒に行ってください。そしてわたしたちの悪と罪とをゆるし、わたしたちをあなたのものとしてください」(出エジプト34:5〜9)。

主が共に立つ
  今日の説教題は「主と共に歩む」ですけれども、それはここに書いてあるように、先ず主が共に立ってくださることから始まるのです。モーセは山に登りました。すると彼の側に主は天から下りて来られました。でも、その御姿は雲に包まれていて見えません。見えなくても、雲の中から語られたのです。
 雲があるかないかは別にして、主があなたと共に立つことが起ります。見えなくてもそれを有難く受け入れることから、あなたの新しい人生が始まります。神様の方が先ずあなたに目を留めるのです。そして、そばに来てくださるのです。素晴らしいではありませんか! その神様を信じ、受け入れることによって神様との新しい絆が結ばれます。

神は愛なり
「ヤーウェ、ヤーウェ、あわれみあり、恵みあり、怒ることおそく、いつくしみと、まこととの豊かなる神」。
 これは神様の自己紹介です。聖書を良く読まない人は、「旧約聖書の神は怒りの神だが、新約聖書の神は愛の神だ」などと言いますが、それは違います。旧約の神も新約の神も同じ愛の神様です。次の第7節を見て下さい。
「いつくしみを千代までも施し、悪と、とがと、罪とをゆるす者、しかし、罰すべき者をば決してゆるさず、父の罪を子に報い、子の子に報いて、三、四代におよぼす者」。
 いつくしみは千代まで続く、悪もとがも罪も、「赦して下さい、もう致しません」と素直に謝れば赦して下さるのです。1回だけでなく、何度でも、イエス様の教えでは、7度を70倍するほど罪を犯しても、悔い改めれば赦して下さるのです。しかし、罪を犯しても悔い改めない人には必ず罰が下る。父の罪を孫や曾孫の代まで背負うことになる。こういう厳しさがあってこそ神は愛であり、わたしたちの「お父様」なのであります。

主と共に歩む
「モーセは急ぎ地に伏して拝し、そして言った、『ああ主よ、わたしがもし、あなたの前に恵みを得ますならば、かたくなな民ですけれども、どうか主がわたしたちのうちにあって一緒に行ってください。そしてわたしたちの悪と罪とをゆるし、わたしたちをあなたのものとしてください』」。
 この切なる願いに応えて、主はイスラエルの民と共に歩む約束を与えられました。
 わたしたちもそうです。復活のキリスト・イエス様はガリラヤの山の上で弟子たちに約束されました。「見よ、わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいるのである」(マタイ28:20)と。これはわたしたちに対するお約束でもあります。

インド人ロイとの出会い
 かつてわたしがエルサレムでの国際的預言者大会に参加したとき、日曜日に何処かの教会で礼拝したいと思って、ホテルの前に客待ちしていたタクシーに乗り、何処かのキリスト教会に連れて行ってくれと頼みました。すると、その運転手はベツレヘム通りのあるキリスト教会にわたしを乗せて行ってくれました。ところが彼は普通より3倍も高い運賃を請求したのです。そこで「ちょっと待っていてくれ」と待たせておいて、礼拝堂に入るとみんなが両手を挙げて讃美していて、受付の係もいないし困りました。するとそこへ突然入り口のドアが開いて若いインド人が入って来ました。彼はわたしを見ると「あっ、あなたは日本人ですね」と英語で尋ねました。「ええ、そうです」。「ぼくは日本に行ったことがあります。緑の牧場教会です」。「ああ、その教会でわたしは説教したことがありますよ」。わたしたちは喜んで握手しました。「ところで、表の通りにタクシーを待たせてありますが、実は法外な料金を請求されて困っています」と言うと、彼は、「ああ、わかりました。ぼくが交渉してあげましょう」と言って、一緒に行ってくれて、普通の料金でOKとなりました。これはイエス様が共にいて助けて下さった実例です。そのインド人はスンダラクマール・ロイ牧師で、後に相模大野教会に来て説教してくれました。
 どうか、皆さんも、主と共に歩む人生の素晴らしさを共有して生きて行こうではありませんか。
                                     アーメン
次回予告 13.1.27  主の奇跡(出エジプト34:10)

トップページ >> 説教 >> 出エジプト >> (52) >> (53)へ進む