トップページ >> 説教 >> 出エジプト >> (40)
                                            2012/10/21の礼拝説教
安息日を守る

出エジプト20:8〜11
使徒18:4
マタイ12:1〜8               皆川尚一牧師
安息日の定め
  「安息日を覚えて、これを聖とせよ。6日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。7日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。あなたもあなたのむすこ、娘、しもべ、はしため、家畜、またあなたの門のうちにいる他国の人もそうである。主は6日のうちに天と地と海と、その中のすべてのものを造って、休まれたからである。それで主は安息日を祝福して聖とされた」(出エジプト20:8〜11)。

  神様はモーセを通して与えた十戒の四番目の戒めとして安息日をお与えになりました。安息日はいつから守られていたのか。すでにエジプトにいた時からなのか、分かりませんが、エジプトを脱出してシンの荒野でマナという食べ物を神様が降らせた時に、安息日には働かないように前日に2日分のマナを集めよと命じておられます。して見ると安息日はそれ以前から守られていたのでしょう。
 それを正式に十戒の中で定められたのには理由があります。人間のこの世における生活はのべつ幕なしにダラダラ続くのではなくて、秩序とリズムが必要です。それは神様を中心とした秩序であります。そのために神様は安息日を定められました。

天地創造の秩序

 《創世記2:1〜3》を見て下さい。
 「こうして、天と地とその万象とが完成した。神は第7日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終わって第7日に休まれた。神はその第7日を祝福して、これを聖別された。神がこの日にそのすべての創造のわざを終わって休まれたからである」。
 これによれば、「神様は6日間で天地万物を創造し、7日目に休まれた。神様が休まれたのだから人間も休むのが当然である」と言うのです。神様は7日目を聖別して「安息日」、即ち休日としたからです。「聖とする」とは、「神様の日とした」と厳かに宣言することです。その意味は、神様が人間の心と体に安息を与えたいと思い、安息日に安心して休めるように護って下さるということです。

人間の幸福のため
 イエス様はユダヤ人がこの戒めをただ「働いてはならない日」として厳格に守っていたのを見て、「安息日は人のために設けられたのであって、人が安息日のために設けられたのではない」と言われました。安息日には飢えた人に食べさせ、病気の人を癒してあげるのが相応しいとされました。
 また、キリスト教会は初めはユダヤ教の土曜日安息日を守っていましたが、やがて日曜日を安息日として守るようになりました。その理由は、天地創造の初めに神様が「光あれ」と宣言して光が照り出でたのが日曜日であり、イエス様が死から復活されたのも日曜日であり、聖霊が下ったのも日曜日であったからです。そこで、日曜日こそ安息日に相応しい日であると信じて、聖日として守るようになりました。

日本人の休日
 日本人は昔から勤勉で、のべつ幕なしに働く傾向があります。ですから、1年の間に農業、商業、工業にたずさわる奉公人には、旧暦の1月16日と7月16日と年に2回「薮入り」と言って数日間親元に帰る日があっただけです。その日は先祖の霊が帰ってくる日でもありました。明治維新のあと、政府は財政上と外交上の都合によって、明治5年12月3日から太陰暦を止めて、太陽暦に切り替えることを宣言し、やがて日曜日を休日とする制度に変っていくのです。

デンマークの豚
 戦後の日本の復興に力を尽くした賀川豊彦牧師は、横須賀で行った特別講演の中で「デンマークの豚」について語りました。「日本の復興には畜産業が大切であると思い、デンマークを視察して来た。デンマークは畜産によって国を復興させるのに成功した。デンマークでは豚にのべつ幕なしに同じ飼料を与えるのでなく、6日間は粗飼料を与え、7日目には濃厚飼料を与える。このリズムによってデンマークの豚は丸々と太った豚になるのである。人間もそれと同じで、6日間社会で働いて、7日目には労働を休み教会の礼拝に出て神様の御言葉を聞く。それによって霊魂の栄養を与えられて健全な人間に育つのである」と。

安息日を守る
 このように、安息日には身心を休めるだけでなく、神様を礼拝し、身も心も献げることによって、罪を赦され、み言葉を聞き、聖餐に与かり、聖霊で満たされ、同信の友との交わりで喜びを満たされるのであります。これによって、新しい一週間のスタートを切る力が与えられます。どうか、みんなが忠実に安息日を守って祝福された日々を送れるようにと祈ります。
                                     アーメン
次回予告 12.10.28  父母を敬え(出エジプト20:12)

トップページ >> 説教 >> 出エジプト >> (40) >> (41)へ進む